暗号資産に対する消費者の関心の高まりがeコマースの導入を加速 - 調査結果

Source: AdobeStock / vegefox.com

 

グローバル決済プロバイダであるCheckout.comが発表した最新レポートによると、18~35歳の40%が2022年に商品やサービスの支払いを暗号資産で行うことを計画しており、電子商取引における暗号資産の導入が加速しています。

この数字は、昨年の30%未満から増加しています。

このレポートは、11カ国の3万人の消費者と3,000の加盟店を対象にした調査結果を発表したもので、同社は声明で次のように述べています。

この調査によると、消費者はオンラインビジネスより先行しており、2024年までに暗号資産を支払方法として提供することを目指すと答えた企業はわずか23%に過ぎません。

しかし、暗号資産による決済を導入した加盟店は新たな成長を遂げ、約82%が暗号資産による決済によって新規顧客を急速に獲得し、新しい層にアプローチできたと回答していると、チェックアウト・ドット・コムは述べています。

調査対象となった加盟店の70%近くが、暗号資産による決済のスピードが速いため、ビジネスモデルに革命を起こす可能性があると述べています。また、既存の暗号資産決済オプションを持つ加盟店の80%以上が、不換紙幣を使用するよりも暗号資産を使用した決済の方が簡単であることを認めています。

決済大手のVisaデータによると、2022年の第1会計四半期に、同社の暗号担保カードを通じて25億米ドル以上の決済が行われました。

Checkout.comの暗号資産に関する戦略責任者であるJess Houlgrave氏によると、声明の中で引用されている通りです。

「これは初期導入段階から、より実用的で現実的、かつ全体的に前向きなものへの正当な移行です。」

Houlgraveは次のように主張しました。

「この移行は、暗号資産決済オプションの導入と運用を容易にするソリューションとサービスを提供できるフィンテック企業への需要が急増していることを意味します。この傾向は、Web3へのサービス導入が進むにつれて、今後ますます強まるものと思われます。」

____

詳しくはこちら:
- Cash App Launches ‘Paid in Bitcoin’ Function, Adds Lightning Transfers
- Crypto-Powered Ukrainian Charity Launches Debit Card for War Victims

- Coinbase Launches New Debit Card Amid Intensified Competition Among Exchanges, Platforms
- Robinhood Unveils New Debit Card That Promises Bonuses For Crypto Investments

- WeChat Pay to Offer Digital Yuan Payment Options as China’s CBDC Pilot Expands
- Argentinian e-Commerce Giant Invests in Mercado Bitcoin and Paxos