Sui NetworkがdAppsにアクセスするためのzkLogin機能をGoogleおよびFacebookと統合

Yamada
| 2 min read

3台のモニター

Pixabay

レイヤー1のブロックチェーンSui Networkは、ユーザーがSNSの詳細を通じて分散型アプリケーション(DApps)にアクセスするためのZero Knowledge Login(zkLogin)機能を発表しました。

この新機能は、「ウェブ3に精通していない」新規ユーザーにとって、外部仮想通貨ウォレットを扱うことなくフルアクセスを提供することで、導入を簡素化するのに役立つでしょう。

9月13日のSui Foundationのプレスリリースによると、ユーザーはFacebook、Google、Twitchの詳細を通じてDAppsにアクセスし、Web2を活用してWeb3へのスムーズな移行を目指すといいます。

「ブロックチェーン技術から恩恵を受けるはずの日常生活で、web3ウォレットのインストールやシードフレーズの管理に苛立ち、迷子になっている人があまりにも多い。」

普及を促進するための道筋


ブロックチェーンがより多くのユースケースを展開するにつれ、知識や経験がなくても幅広いユーザーがアクセスできるよう、参入知識を減らす必要があります。

Sui財団のGreg Siourounis専務理事は、この動きはハードルを取り除くと同時に、何十億ものユーザーへの入り口を開くものだといいます。

「ユーザーが使い慣れたソーシャルログインでdAppsにアクセスできるようにすることで、zkLoginはブロックチェーンベースのアプリケーションの利点を何十億ものメインストリームユーザーにもたらすための大きなハードルを取り除きます。」

この最新の統合により、開発者は関連技術を意識してマルチタスクをこなすことなく、ブロックチェーンを活用して新規ユーザーを取り込むことができます。

ここ数年、ユーザーは「ブロックチェーンの専門用語」、「取引のサインオフ」、「シードフレーズの維持」を業界の欠点として指摘しています。

プレスリリースによると、この機能はブロックチェーン上のすべての分散型アプリケーションにおいて、最大限のセキュリティを維持し、ユーザーのプライバシーを保持します。

Sui networkのzkLoginはゼロ知識証明技術を利用しており、ユーザーは従来アクセスに必要とされていた特定の情報を開示することなく、身元とウォレットの所有権を証明することができます。

同社はまた、この機能をアップル、マイクロソフト、アマゾン、WeChatのアカウントに拡大する計画も明らかにしています。

開発者は採用で工夫を凝らす


ブロックチェーンスタートアップにとって採用が依然として重要であるため、開発者はユーザーに暗号資産を紹介する新しい方法を展開しています。

その顕著な例が、Banana GunやUninitのようなTelegram取引ボットの台頭で、ユーザーはトークンを取引し、SNSプラットフォームからのエアドロップに簡単にアクセスできます。

Banana GunのネイティブトークンであるBANANAは、その契約にバグが検出され、99%以上の価格暴落につながる不幸な出来事に直面しました。プロジェクトの背後にあるチームは、ユーザーを補償し、将来的にトークンを再ローンチすることを約束しました。

同様に、ブロックチェーンゲーム会社であるMoxyは、従来のplay-to-earnモデルではなく、ユーザー同士が対戦できる競技ベースのesportを創設することで、新規ユーザーを獲得しています。