Squid 2.0コインがDEXToolsのトップ・トレンド仮想通貨になる

Oso Yoshio
| 0 min read

SQUID2.0価格チャート

DEXToolsでのSQUID2.0価格チャート

最近の2.0ミームコインのトレンドには、2021年に投資家を苦しめたイカゲーム(SQUID)仮想通貨詐欺へのオマージュまで含まれています。Squid2.0も詐欺なのでしょうか?

イカゲームの仮想通貨とは何だったのか?


前回の仮想通貨強気相場に参加していなかったトレーダーにとって、イカゲームトークンは韓国のNetflixの同名シリーズにインスパイアされた仮想通貨を獲得する遊びだと主張しました。

ビットコインとイーサリアムが史上最高値を記録する少し前、2021年後半に分散型取引所に投入されたSQUIDは99.99%以上暴落し、保有者はトークンを売ることができなくなりました。

「テクノロジーサイトGizmodoによると、Squidの開発者は推定338万ドル(248万ポンド)を持ち逃げしました」 – BBC, 2021年11月2日

PancakeSwapやUniswapのようなDEXプラットフォームではほぼ毎日ラグプルが見られますが、Squidコインは詐欺師にとって最も成功したコインの1つであり、仮想通貨に対するリテールの関心の絶頂期に行われました。

ピーク時のイカの時価総額は2.1兆ドル超で、仮想通貨市場全体の2倍以上だった。時価総額は、最新のトークン価格に存在するコインの供給量を掛けて算出される理論上の数字に過ぎないという重要な教訓となりました。

薄いオーダーブックで資産の流動性が低く、保有者が利益を得ることができない場合、その時価総額は実際の需要を表しておらず、高い評価額から瞬時にゼロにラグプルとなる可能性があります。特に、より多くのトークンがミントされたり、ウォレットアドレスが開発者によって取引からブラックリストに掲載されたりした場合(詐欺トークンでよく見られる)によくあります。

SquidトークンのCoinMarketCapのページに書かれているように、このプロジェクトはミームコインのような地位を獲得し、「最初のラグプルの後、表向きはコミュニティによって運営されるようになりました。」しかし、$SQUIDは回復することなく、現在では1セント以下の価格で取引されています。

イカゲーム2.0トークンとは?


新たな「Pepe2.0」コインが、2.0ミームトークンのトレンドの火付け役となりました。このミームトークンは、その名前にちなんだ資産の「ブルランをやり直す」ことを目的としているが、「同じ過ちを犯す」ことはないです。

PEPE2.0価格チャート

DEXToolsでのPEPE2.0価格チャート

その後すぐに、同様の新コインがUniswapに登場しました。Doge2.0、Shib2.0、Babydoge2.0、TRX2.0などで、いずれも開発者は不明です。

これらの2.0トークンの多くは、最初の上昇後に価格が暴落しました。

SQUID2.0

しかし、PEPE2.0は初期の成功を収めており、本稿執筆時点で3500万ドルを超える完全希薄化後時価総額と、150万ドルを超えるロックされた流動性プールがその信頼性を高めています。

イカゲーム2.0(SQUID2.0)はPepe2.0よりも流動性が低く、トークンがロックされている割合もUNCX Networkと比較して低いです。

SQUID2.0の現在の完全希薄化後時価総額は2500万ドル強で、価格は0.0006ドル、供給量は456億ドルです。DEXTスコアは88/99、保有者は4,800人で、DEXToolsの「ホットペア」リストでトップトレンドの仮想通貨資産にランクされています。

イカゲーム2.0は1%の売買税がかかるため、トレーダーはトークンのリスクを取る場合、即時の損失を考慮する必要があります。

Squid 2.0 の代わり


Squid 2.0は現在、過去24時間で200%以上上昇しており、7月7日にUniswapに上場して以来、1,500,000%の上昇を記録しています。

CryptoNewsは、まだ取引所に上場されていない仮想通貨プレセールスやプレICOプロジェクトを含む多くの今後の仮想通貨資産をレビューし、低いエントリーポイントを提供しています。私たちのリストにあるすべてのプロジェクトには、取引税がかかりません。

免責事項:この記事で推奨されている仮想通貨プロジェクトは、出版社や著者の財務アドバイスではありません。仮想通貨は非常に不安定な投資であり、リスクがあることを忘れないようにしましょう。