投機と実用性: 暗号通貨のアイデンティティの危機

 暗号通貨のアイデンティティの危機

画像引用先:Adobe/Lumeez Ismail/peopleimages.com

Wall Street Journalのコラムニスト、Jon Sindreu氏によると、クリプト産業が直面している主要な問いは、暗号通貨の真の有用性が何であるか、というものです。

Sindreu氏によれば、この新しいアイデンティティ危機の理由は、セクターがそれが意図されていたように伝統的な金融への代替手段として機能するのではなく、その成功に対する投機的な賭けに大きく転じていることにあります。

彼の解説記事によると、多くのクリプト開発者たちが、現在Web3、すなわち、大手テクノロジー企業がすべてをコントロールしない新しい分散型インターネットのビジョンに焦点を合わせているといいます。

この新しい世界では、分散型自律組織(DAO)、非代替性トークン(NFT)、そして暗号通貨が特徴となります。そして、これらの目標は暗号通貨が「閉じたループ」内で「作成され、使われる」ネイティブデジタル経済を創造することです。

暗号通貨は決済の枠を超えるべきである


Sindreu氏は、クリプト産業はデジタル決済を可能にすること以上のことをする必要があると主張しています。なぜなら、伝統的な銀行業が既にこれを実現しているからです。

その代わりに、デジタルでありながら “リアル”なエコシステムを作るべきだ、と彼はいいます。

このエコシステムは、おそらく法定通貨に連動したステーブルコインに依存し、分散型アプリケーション(dapps)とスマートコントラクトを通じて利点を提供するでしょう。

ゲーミングは暗号通貨にとってチャンス


Sindreu氏によると、クリプトがさらに注目を集める潜在的な分野の一つは、ゲーム産業であり、プレイヤーに追加の機能を提供できる巨大な市場があるとされています。

この明らかな機会にもかかわらず、クリプト企業からの多くの焦点が「GameFi」またはplay-to-earnモデルに向けられています。そして、ここでの主な目標は、リアルワールドの価値を持つデジタルアセットを獲得することであり、ゲームプレイが仕事のように感じられる可能性があります、と記事には記載されています。

クリプトとWeb3のスペースには課題と不確実性がありますが、一部の開発者は「トロイの木馬のアプローチ」が鍵であると信じています。

このアプローチは、ゲームプレイが真に楽しいゲームにクリプト機能をシームレスに統合することを含み、Web3の利点が広く受け入れられるにつれて、AAAスタジオが最終的にセクターに戻ってくることを期待しています。

ただし、未だ証明されていないことは、「クリプトがまだポンジスキームを作り出すことなく、そのような利益を実現できるかどうかである」とSindreu氏はその記事で結論付けています。