22 5月 2022 · 0 min read

スペイン・バスク州、独自の暗号資産税法を準備、取引所は顧客報告を義務付けへ

Source: Adobe/Fotokon

 

中央政府が暗号資産の課税と規制について、いつ、どのように、どのような方法で、どのようなことを行うかについて議論し続ける一方で、いくつかの地方政府は、特にスペインのバスク地方で、単独で行うことを決定しています。

El Indipendienteは、バスク地方の西部主要3県(Gipuzkoa、Biscay、Álava)がすべて、暗号資産の「無規制市場」に「税金の上限を設ける」ことを試みるだろうと報じました

ビスケー州政府は、「暗号通貨売買サービス」を提供する企業に、ビスケー州財務省と税務局に、仮想通貨の所有者が保有する暗号資産とフィアットの「残高」に関する「詳細情報」を提供することを義務付けるローカル法案の「予備草案」を承認しました。これは、おそらくビスケーに居住する暗号資産の所有者に適用され、取引所はまた、「当該通貨に関する操作」、すなわちトランザクションデータに関するデータを引き渡すことが義務づけられるでしょう。

ビスケの政府はEl Independienteに、報告負担は「暗号資産関連操作を容易にする事業体にかかる」ものであり、「コインの所有者にはかからない」 ー取引所とブローカーが(暗号資産関連)の保有と取引を「可能にする」のでー と伝えたと報じられています。

ビスケの議会は、この法律案について投票する予定です。そして、それが受理されれば、2023年1月1日に発効します。法案の作成者は、暗号資産の所有者はその保有について「報告する必要はない」と熱心に指摘しています。これはおそらく、ビスケの財務省が取引所やブローカーから受け取ったデータに基づいて独自の税額計算を行うことを示唆しているのでしょう。

また、この措置はビスケの政府が最初に適用されるが、「すぐに他の2つのバスクの財務省が追随し、ギプスコアとアラバも同様の提案を作成中である」と伝えられています。

おそらく最も重要なことは、この提案が、設備投資、債務不履行、法人税、旅費請求などに関する他のさまざまな税制改革法とパッケージ化される可能性があることです。そのため、国会で採決される可能性が高くなります。

しかし、ビスカヤとバスクの暗号資産税の推進がどれほど効果的であるかはまだわかりません。最近、スペインの中央税務機関が暗号資産保有者とトレーダーに課税しようとする独自の試みは茶番の領域に陥り、差し迫った税の「混乱」税務署から明らかに降りる前に報告されていました。
___
詳しくはこちら: 
- G7 Keeps Pushing for Crypto Regulation, Here's What's Already Happening 
- Binance Stops Crypto Derivatives Trading in Spain at Regulator’s Request – Report

- Spanish Crypto Investors ‘Fleeing to Portugal to Escape Taxes,’ Say Lawyers
- Spanish Retail Giant El Corte Inglés to Open Crypto Exchange – Report