BTC -1.93%
$63,302.43
ETH -2.49%
$3,424.63
SOL -4.62%
$128.67
BNB -2.09%
$578.09
XRP -1.60%
$0.48
DOGE -1.56%
$0.12
SHIB -3.27%
$0.000017
PEPE -6.64%
$0.000010
WienerAI(WAI)
限定セール中

SpacePayが従来の決済システムに仮想通貨を導入、2024年の有望アルトコインになるか?

Naoki Saito
| 4 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

SpacePay(SPY)の公式サイト

仮想通貨(暗号資産)は金融業界に新たな革命を起こしています。仮想通貨とは、ブロックチェーン技術に基づいた分散型で透明性の高いシステム。しかし、現状の仮想通貨はまだ実質的な通貨とは言えず、一般への普及はまだ遠い道のりです。

SpacePay(SPY)はこの状況を一変させようとしています。新しい仮想通貨決済ソフトウェアとして、デジタル時代における新たな取引方法の実現を目指しています。以下では、SpacePayの特徴や機能についてご紹介します。

SpacePayとは


SpacePay(SPY)の公式サイトの画像

SpacePay(SPY)とは、ロンドンに拠点を置くフィンテック系スタートアップ企業です。従来の決済システムと分散型ブロックチェーン技術を融合することで、今までの決済方法を一新することを目的としてます。

SpacePayによって、企業や店舗が既存のクレジットカード決済端末で、仮想通貨決済を安全・安心に受け入れられるようになります。

SpacePay創設者であるマクスウェル・バンティングは若くして仮想通貨業界に足を踏み入れ、業界の不透明さやセキュリティ対策の不備などの実用面での課題に懸念を抱いていました。これらの経験から、SpacePayのアイデアが生まれました。

SpacePayはVisaやMastercardに匹敵する、分散型かつコミュニティ主導の決済ネットワークを目指しています。利用しやすいソフトウェアが既存の決済端末と簡単に連携することで、仮想通貨の普及を後押しするでしょう。

SpacePayを利用すれば、消費者は325種類以上の仮想通貨ウォレットから日常の支払いを行うことができます。一方、店舗側は従来の通貨建てで決済を受け取れるため、新規顧客層の開拓が可能になります。

他の仮想通貨決済サービス・システムと比べて、SpacePayは手数料が安く、より早い決済が可能です。

SpacePay(SPY)の鍵となる特徴

分散型で端末に依存しない決済プロトコルとして、SpacePayは決済端末に組み込まれ、直観的な操作性を実現しています。店頭での仮想通貨決済を可能にし、価格変動リスクも軽減できます。

SpacePayプロジェクトは、幅広いユーザー層に対応することの重要性を認識しており、ユーザーベースには個人、ECプラットフォーム、小売店が含まれます。

ちなみに、SpacePayは2022/23年に行われたCorporateLiveWire Global Awardsで「New Payment Platform of the Year」を受賞しています。

SpacePayの機能


SpacePay(SPY)料金体系

SpacePayは、単に仮想通貨の支払いを可能にするだけでなく、安全・円滑・便利な仮想通貨取引を実現する包括的な機能を備えています。

まず、プラットフォームは幅広い種類の仮想通貨をサポートしています。また、従来の決済システムでは遅延や処理時間が発生しますが、SpacePayの場合、取引は即時に決済されて遅延を起こしません。

仮想通貨は価格変動(ボラティリティ)が大きいことで知られていますが、SpacePayには変動を抑える保護メカニズムも備わっています。取引時の価格変動にかかわらず、加盟店は約束された法定通貨額を受け取ることができます。

SpacePay(SPY)に対応する仮想通貨ウォレット

前述の通り、SpacePayは325種類以上のウォレットに対応。MetaMask、Trust Wallet、Coinbase Wallet、Ledger Nano Sなどが含まれます。ユーザーはQRコードをスキャンするだけで簡単に取引を開始でき、異なるプラットフォーム間で資金を移動する必要はありません。

SpacePayは加盟店にとって非常に低コストです。ユーザーおよび決済会社はプラットフォームを完全無料で利用できます。

SpacePayの信頼性とコミュニティ中心の運営方法


SpacePayとその独自の仮想通貨トークンSPYは、コミュニティ中心の運営方式が特徴です。

投資家は収益の一部を受け取ることができ、コミュニティへの完全アクセス、経営方針への投票権、プライベート機能やβ版への早期アクセス、慈善活動への参加、そしてロイヤリティエアドロップなどの特典が用意されています。

SpacePayはプロジェクト当初から透明性と信頼性の確保に注力しています。多くのプロジェクトが匿名を好むのとは対照的です。SpacePayチームやその役割に関する情報は公開されているホワイトペーパーで確認することができます。

また、創設者のマクスウェル・バンティングは、SpacePayの公式テレグラムで積極的に質問や懸念に回答しています。

SPYトークンは金融業界の未来を担う存在になる


SpacePay(SPY)のエアドロップ

SPYトークンは、SpacePayエコシステムのユーティリティトークンです。

SPYトークンにより、投資家はプラットフォームの収益の一部を不労所得として得ることができます。このメカニズムにより、投資家とプラットフォームの成長が直接リンクされます。一方でプロジェクト側も、トークンの売却を抑え、価格の安定化が図れます。

このような収益分配モデルは、SpacePayとコミュニティの双方にとってWin-Winの関係になります。収益分配に加え、SpacePayは投票権や寄付といった広範なユーティリティも提供。また、ロイヤリティエアドロップ、新機能・製品・サービスの早期アクセス、そしてSpacePayチームとの直接的なやり取り機会も用意しています。

SpacePay(SPY)プレセールが現在進行中


SpacePay(SPY)のトークノミクス

SpacePay(SPY)は現在プライベートベータ版の段階にあり、世界最大のカード決済機関との提携発表も控えています。2024年には、9カ国450万台以上の端末でのローンチが見込まれています。

SpacePayの規制遵守と優れたコスト効率により、市場における妥当性をアピールしています。次世代決済システムの最前線に立っていると言えるでしょう。

既に民間投資家から約75万ドルを調達しているSpacePayは、VISAやMastercardに匹敵する仮想通貨決済ネットワークになると期待されています。また、SpacePayはさまざまな国の規制基準を完全に順守している点もポイントです。

現在実施中のプレセールでは、一般投資家にSPYトークンが割安で提供されています。今後、人気の仮想通貨取引所への上場により市場が価格を決定します。

これまでの仮想通貨業界の中でも特に有望な仮想通貨プロジェクトの一つとして、SpacePay(SPY)はその将来性や成長性に期待が集まっています。