韓国のソブリン・ウェルス・ファンドがコインベース株を「間接的に」購入

Tim Alper
| 1 min read
Source: Adobe/tawatchai1990

 

韓国の政府系投資ファンドが、上場しているアメリカの暗号取引所大手コインベースの株式を「間接的に」購入しました。しかしその後、コインベースは暗号関連の利益から距離を置いています。

Yonhapによると、この動きは2005年に政府によって設立された政府系ファンドである韓国投資公社(KIC)によって行われたものです。KICは、公的資金を国際金融市場に投資することによって、国家の長期的な「購買力」を「強化」することを設立時に課されました。

そして、コインベースは2021年春にナスダック証券取引所に上場し、主要な金融アドバイザーが注目企業としてマークしていることから、韓国政府は理論上、現在190万米ドル(推定)の塊を所有していることになります。

Yonhapニュースによると、昨年11月、指数プロバイダーのモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルは、人気のトラッカー指数の1つにコインベース株を組み込んだという。KCIは公的資金をこのトラッカーに投資しており、その後コインベース株は政府系ファンドのポートフォリオに「自動的に含まれ」ました。


そのため、韓国の国家は現在、アメリカの暗号会社の8,700株を手に入れました。

しかし、韓国では暗号の規制は何かと敏感な問題です。長年にわたる厳しい規制の結果、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の全面禁止、匿名取引の事実上の廃止、暗号取引所の厳しい取り締まりなどがありましたが、来月の大統領選挙の有力候補2名は、このセクターに対してよりビジネスと暗号に優しいアプローチをほのめかしました。

しかしながら、韓国における暗号の状況は非常に流動的で、様々な論争に包まれており、KICは暗号資産関連の事項から迅速に距離を置くことにしました。

KICの関係者は、暗号資産がそのような性質のファンドに適した投資形態であるとは考えていないと述べ、その動きを “暗号通貨ではなく暗号通貨取引所 “への「間接的でほとんど重要ではない投資」と呼んだと引用されています。

Cryptonews.comは、さらなるコメントを求めてKICにコンタクトを取りました。
____


詳しくはこちら: 
South Korean Crypto Exchanges See Rise in Complaints, More People Turn to Home Mining
South Korean Presidential Candidates Pledge Lower Taxes for Crypto Traders, End to ICO Ban

Coinbase Pulls Buying Instructions for Three Coins Amid Rug Pull Warnings
Major Geographic Shift in Crypto Use Exposed by Trading Volumes