韓国の検察が「仮想通貨マネーロンダリング」摘発のため、ブロックチェーン解析ツールを購入

Tim Alper
| 2 min read

韓国の国旗と裁判所

出典:sezerozger/Adobe

韓国の検察庁は、新しいブロックチェーン分析ソフトウェアを購入し、海外で仮想通貨をロンダリングしている人々を捕まえるために使用したいと考えています。

国内メディアのEconomistによると、新しいツールは、海外の取引所に対して、現在国内の取引所に適用されているのと同じレベルの監視を適用するために使用されるとのことです。

このプロジェクトは最高検察庁の発案によるものです。

事務局では、このプロジェクトの入札を開始しました。

このプロジェクトを「Advanced Cyber Investigation System」(直訳)と命名しています。

入札は今月中に終了し、落札した業者は今年11月までに新しいツールを納品することになっています。

韓国市場をリードする暗号取引所Upbitの1週間の取引量

韓国市場をリードする仮想通貨取引所Upbitの1週間の取引量。(出典:CoinGecko)

韓国の検察は「仮想通貨マネーロンダリング犯」の摘発をどのようにするつもりなのか?


警察と司法には、国内の取引所における仮想通貨取引データを調査する権限が付与されました。

取引データは、仮想通貨取引所を利用するすべての国民に、ウォレットと実名認証された銀行口座とのリンクを義務付ける法律により、完全に公開されています。

また、警察と司法には、取引所にウォレットの凍結を強制する権限が与えられています。

捜査の一環として、取引所を調査することも認められています。

しかし、多くの犯罪者は、海外の仮想通貨取引プラットフォームを利用することで、捜査当局から逃れようとしていると警察は考えています。

最高検察庁は、新しいツールがこの状況を変える一助になることを期待しています。

法執行機関や司法関係者は、2021年4月に全国の検察庁に初めて配備されたモニタリングツールを使用しています。

しかし、このツールは現在、「海外の取引所で生成された仮想通貨アドレスを特定することはできない」としています。

事務局は、新しいソフトウェアがこの問題点を解決すると主張しています。

また、このツールによって、「違法に撮影されたビデオの追跡と削除 」や 「ポルノサイトの取り締まり」が可能になると主張しています。

同事務局は、「違法サイトがブロッキングを回避するためにサイトアドレスを定期的に変更したとしても」、追跡することができると主張しています。

過去1ヶ月のビットコイン価格対韓国ウォンの推移

過去1ヶ月のビットコイン価格対韓国ウォンの推移。(出典:XE.com)

韓国では、ブロックチェーン分析ツールに対する法執行機関や司法の支出が増加傾向にあります。

昨年末、警察と検察は、仮想通貨取引の監視に役立つツールへの支出を4倍に増やすと発表した。

アンチマネーロンダリングの推進に加え、警察と検察当局は現在、大統領が「戦争」と呼ぶ、仮想通貨を利用した麻薬密売との戦いに挑んでいます。