韓国の“仮想通貨キラー”、死刑に処される可能性

Yamada
| 1 min read

adobestock

画像引用先:EUDPic/Adobe

韓国の検察官は、女性が彼女の暗号通貨保有のために誘拐され、殺害された事件において、4人の容疑者に対して死刑を求めています。

この事件は今年3月、ソウルの裕福な地区である江南区で発生しました。

被害者の女性は、暗号通貨関連の会社で働いており、ビットコイン(BTC)などの大量のトークンを保有していたとされています。

ソウル中央地区裁判所での裁判での容疑者たちは、女性の死は事故だったと主張していますが、被害者を誘拐し、彼女のコインを盗もうとしたことをそれぞれ認めています。

韓国は1997年以来、有罪判決を受けた犯罪者に死刑を実行していません。

しかし、国は正式に死刑を廃止したことはありません。

韓国の“仮想通貨キラー”、

画像引用先:KBS/YouTube

この犯罪を犯した2人組は、Yoo Sang-won氏とHwang Eun-hee氏というカップルから犯罪を依頼され、報酬を受け取っていたと考えられています。

Newsisによると、検察は裁判所に、これら4人全員に死刑を言い渡すよう求めました。

韓国検察、“仮想通貨キラー”に死刑求刑


当局はまた、被害者を殺害するのを手助けしたとされるYeon Ji-ho氏に対して終身刑の判決を求めました。

検察官は、Lee氏とHwang Dae-han氏がこの殺人を長い間準備し、事前に計画していたと裁判所に説明。

また、Yoo Sang-won氏とHwang Eun-hee氏がLee氏と他の関係者に約52,000ドルを支払い、この行為を実行させたとも述べました。

検察は最終陳述で、裁判所に以下のように伝えています:

“この殺人の残忍さは、江南の中心で起こったもので、言葉では表現できないほどです。 […] 被告たちは自分たちの犯行に対して悔い改める様子を全く見せず、この事件を捜査した警察に対する非難を続けています。犯罪の重大さに相応しい罰が絶対に必要です。”

8月に、Lee氏は以前にした自白から距離を置き、不誠実な警察官たちによって強制されたと主張しました。

検察はまた、Lee氏の妻に対する5年の懲役を求め、最終的な段階で計画された殺人から身を引いたとされるもう一人の共犯者に対して7年の刑を求めました。