韓国中央銀行、“リアルワールド”でのCBDCパイロットの日程を設定

韓国中央銀行、“リアルワールド”でのCBDCパイロ

画像引用先:Tupungato/Adobe

韓国中央銀行は、「リアルワールド」でのCBDC(中央銀行デジタル通貨)パイロットの日程を設定。2024年度の第4四半期に初めて市民がコインを使用する予定です。

放送局KBSによれば、韓国中央銀行(BOK)は、CBDC開発の次のステージにおいて、韓国のトップ金融規制機関である金融サービス委員会(FSC)および金融監督庁(FSS)と協力します。

また、BOKは「リアルワールド」でのパイロットでは、「一般の人々」がコインのリテール版(小売り版)で取引を行うと述べました。

その間、銀行は卸売りCBDCプロトタイプのテストを実施したいと考えています。

卸売り(または機関)CBDCモデルは、金融および銀行業界で使用される中央銀行発行のトークンに焦点を当てています。

そのようなコインは主に、韓国の銀行間決済スペースで使用されるでしょう。

一方で、リテールCBDCは、支払いスペースでの現金やデビットカードの代わりとして使用されます。

卸売りCBDC試験のため、BOKは国内銀行と提携し、中央銀行のプラットフォームを使用して銀行間取引をトークン化します。

CBDCの相互運用性を強く支持する国際決済銀行(BIS)が技術支援を提供する予定です。

cbdc1

画像引用先:BOK/FSC/FSS

韓国銀行はCBDC発行にどれほど近づいているのか?


BOKの公式な立場は、まだ積極的ではないです。

そのデジタルウォンに関する文献では、「CBDCを発行するかどうかまだ決定していない」と主張しています。

そして、BOKはデジタルウォンをリリースするかどうかを決定していないと、再び主張しました。

銀行は以下のように述べています:

“このパイロットは、韓国の金融および経済状況に適した最適なCBDC設計モデルを探求するプロセスの一部です。[…] このパイロットがCBDCの全面的な導入を追求する意味ではありません。”

銀行とその規制パートナーは11月末に、「この実験に参加する」銀行の名前を含む「さらなる詳細を公表する」と述べています。