22 6月 2021 · 0 min read

韓国はシンガポール式の暗号規制を検討中

韓国の金融規制当局は、新しい暗号分野の政策を策定するにあたり、シンガポールを参考にしており、同様のシステムの採用を検討しているのではないかと期待されています。

シンガポール、出典: iStock/tawatchaiprakobkit

シンガポールは、世界で最も先進的な暗号規制への取り組みを行っていることで知られており、その暗号取引所は、中央銀行および最高金融規制機関であるシンガポール金融管理局(MAS)によって取り締まられています。

国際的な大手取引所の多くがシンガポールに本社を置いていますが、MASは2018年に取引プラットフォームに対してアンチマネーロンダリング(AML)とテロ資金対策(CFT)のプロトコルを義務付け始めました。また、取引所は、営業許可証の申請、疑わしい取引のフラグ立て、自己資金と顧客の資金を分けて管理することが義務付けられています。

これらの規定の多くは、韓国の取引所が金融サービス委員会(FSC)の規制下に入る今年9月に導入されます。しかし、暗号分野の政策立案の責任者がどこにいるのか、長年にわたって混乱していたため、最近になってFSCは業界をほぼ完全に掌握することになりました。

そのため、FSCはここ数週間、この分野での足場を固めようとしています。予備作業の一環として、FSCは国内の主要な取引所を3回召喚し、直接の話し合いと説明会を行った。そして今、FSCは、9月に向けて業務を微調整するために、MASをベンチマークすることになるかもしれない。

Newsisによると、名前のない「金融部門の主要関係者」は、FSCが「暗号取引所を認可するシンガポールのモデルを検討している」と述べています。しかし、このレポートの著者は、MASスタイルのシステムが採用された場合、トークン自体も規制の対象になるだろうと付け加えています。つまり、「80~90%の暗号資産」を上場廃止にする必要があり、市場をリードするビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのコインだけが "グリーンリスト "に残る可能性が高いと考えられます。

同メディアによると、FSCはこの問題についてまだ決定しておらず、規制当局はシンガポールのモデルは現在「検討中」の「一つにすぎない」とし、「採用されるかもしれないし、されないかもしれない」と述べています。

いずれにしても、MASの例は慎重に検討されているものの1つであると言われている。また、アジアの大手銀行で現在までに暗号取引所を開設した唯一のDBSが、MASの承認を得て開設したことを読者は思い出すかもしれない。その一方で、MASは先月、個人投資家には暗号投資が適していない可能性があると警告した。

取引量で韓国のトップ10に入る暗号化取引所の上級執行役員は、Cryptonews.comに慎重なポジティブさを示す余地があると語った。この関係者は、名前を伏せ、取引所の身元を秘密にすることを求めたが、次のように付け加えた。

"シンガポールは主要な暗号取引センターなので、何らかの希望が持てます」。その一方で、FSCは非協力的で、MASの規制のどの部分を研究しているのか、あるいは採用したいのかを強調していません。悲観的になるにはまだ早いですが、何かを祝福するにも同様に早すぎます」と述べています。

___
もっと詳しく: 
- 韓国で上場廃止が相次ぐ中、規制当局がチャイムを鳴らして「混乱」
- 韓国で「Crypto Crisis Summit」開催 - どの省庁も担当しようとしないため

- SEC、トークンの配布と暗号ベースのETPについて明確化を図る-Hester Peirce氏
- この7つの課題を解決すれば、ビットコインの導入が加速する