南オーストラリアの警察、麻薬取引の容疑で起訴された男から約150万ドルの暗号資産を押収

webp-net-resizeimage

画像引用先:Adobe/bennymarty

南オーストラリアの警察は、アデレードヒルズの25歳の男を麻薬取引とマネーロンダリングの容疑で逮捕し、その際に約150万ドル相当の暗号資産を押収しました。

オーストラリア放送協会の木曜日の報道によれば、この容疑者はダークウェブ上で複数のベンダープロファイルを運用し、様々な麻薬を販売していました。

調査中に押収された麻薬の一つは、合成オピオイド「nitazene」で、その高い毒性から大きな懸念の対象となっています。

Adam Rice警部は、nitazeneの危険性を強調し、fentanylに似ているが人間が摂取するためには認可されていないことを指摘しました。「これらはfentanylに似た、非常に毒性の高い薬物で、人間の消費のためには一度も認可されていない。オーバードーズの危険性が非常に高い」と彼は語りました。

警察は、押収された約5キログラムのnitazeneが、オーストラリアでこれまでに押収された最大量であると考えています。

7月には、SAヘルスがプロトnitazeneに関連する2件の確認されたオーバードーズと2件の疑わしいケース、そして薬物が関与していたとされる1件の死亡に続いて、警告を発していました。

しかし、ライス警視は、報告された死亡と容疑のあるダークウェブベンダーとの関連性は現時点では確認されていないと明確にしました。

SA警察、今年初めにダークウェブベンダーへの捜査を開始


今年初めに、ダークウェブのベンダーの活動に関する調査がスタート。この調査は、オンラインでの非合法ドラッグ取引を標的としていました。

警察は非合法取引に使用された暗号通貨を成功裏に追跡し、それが南オーストラリアの実際の個人を特定することにつながりました。

また、9月には法執行機関がアデレード・ヒルズの住所と2つの保管ユニットで捜索と押収作業を実施し、大量の非合法ドラッグ、現金、暗号通貨、および電子デバイスが押収されました。

Rice警視によれば、被告の個人は暗号通貨で大きな支払いを受け取っており、操作中に約150万ドル相当の暗号通貨が押収されました。

さらに、数万ドルに上る現金も見つかりました。

25歳の容疑者は身柄を拘束され、南オーストラリア警察が確認したように、後日裁判所に出廷する予定です。

9月に暗号資産で3億3000万ドル以上が盗まれる


9月は、様々なエクスプロイト、ハック、詐欺により約3億3200万ドルを損失。これは暗号通貨のエクスプロイトに関する記録的な月となりました。

特筆すべき事件の一つは、9月23日のMixin Networkの攻撃でした。この香港拠点の分散型クロスチェーン転送プロトコルは、クラウドサービスプロバイダのブリーチが原因で2億ドルの損失を被りました。

もう一つの大きな事件は、9月12日にCoinExという暗号通貨取引所が、そのホットウォレットから大量の資金が流出した疑いの攻撃を受けたときです。

この侵害により、ホットウォレット全体で5,310万ドルを超える損失が発生しました。

8月末の報告で、Web3バグ報奨金プラットフォームのImmunefiは、今年のこれまでにDeFiと暗号プラットフォームがハッキングや違法行為で12億ドル以上を失ったと主張。

報告によると、この膨大な金額に寄与する211の別々の事件があり、8月だけで2,340万ドルの損失が発生しています。