スロベニア財務省、暗号取引に課税する法案の草案を発表

| 1 min read
Source: AdobeStock / Freesurf

 

欧州諸国の間で暗号関連の法整備が進んでいることを示すもう一つの兆候として、スロベニア財務省は暗号資産取引への課税を導入する法案の草案を発表しました。次の段階として、政府はこの法案をスロベニア議会に提出し、さらなる立法作業を行う可能性があります。

同省は、法案の財務的影響評価において、同国の税務機関であるFinancial administration of the Republic of Slovenia(FURS)から得たデータを引用しており、それによると、過去数年間、スロベニアの納税者はキャピタルゲインに対する所得税を年間平均1億5000万ユーロ(約1億7030万米ドル)支払っているとのことです。

「オンラインで入手できるデータによると、世界の証券取引所に上場している企業の時価総額と比較して、仮想通貨の時価総額のシェアは1〜2%だ」と同省は述べています。

同省はさらにこう付け加えました。

「したがって、このタイトルによる国家予算の収入は、最初の数年間で年間100,000ユーロ(113,600米ドル)から500,000ユーロ(567,870米ドル)に達すると推定される。」

法案では、15,000ユーロ(17,000米ドル)までの価値のある商品、サービス、その他の資産を購入するために使用される暗号には税金がかからないことになっています。

一方、この措置案は、スロベニア商工会議所(GZS)の支持を確保し、財政措置案への支持を表明しています。GZSは声明の中で、国家予算に追加的な収入をもたらすことで、財務省は純賃金に対する税負担を軽減することができると述べています。

「商工会議所では、この法案を支持する。このタイトルによる国家予算の追加収入(統計上の推定では年間10万から50万ユーロ)は、我々が長年ロビー活動を続けてきた、スロベニアにおける純賃金の税(所得税)軽減計画に貢献できると考えている」と、GZSのゼネラルディレクター、アレシュ・カンタルッティは述べています。

____

詳しくはこちら:
2022年の暗号税の動向:報告の増加、ルールの更新、富裕税についての議論
ルーマニアとラトビアは暗号の規制と税金の変更を検討している

英国税務当局、不正事件で初めてNFT3台を没収
ロシア、暗号税に最大133億米ドルを計画
コロンビアの遡及的な暗号税計画に批判的な意見が相次ぐ

ベネズエラで新法が成立し、一部の暗号取引に20%の税金がかかる可能性
「美しいビットコイン天国」ポルトガルの暗号税0%がビットコインファミリーを誘い込む