SBFが提案した10億ドルのキャンペーン寄付は「投資」戦略だと懐疑的なTwitterユーザーたち

Tim Alper
| 1 min read
Sam Bankman-Fried. Source: a video screenshot, HBO / YouTube

 

Twitterユーザーは、FTX暗号通貨取引所の数十億ドルの所有者であるSam Bankman-Fried氏が、米国民主党の2024年の大統領選挙キャンペーンのために約10億米ドル以上を費やす計画は、「計算された投資」だと考えていると述べています。

Bankman-Fried氏は、Jacob Goldstein氏が主催するPushkin Industriesのポッドキャストの最近のエピソードで、次の大統領選挙で政治的受け手に「1億米ドル以上」寄付する見込みだと述べました。しかし、Donald Trump前大統領がホワイトハウスに再挑戦することになれば、彼の寄付の規模はさらに大きくなることが予想されるため、支出の「ソフトシーリング」はなんと10億米ドルになると付け加えました。

TwitterでTerra Research Forumの研究者Fat Man氏は、FTXのチーフが「自由世界のリーダーを味方につけるために10億ドルを費やす」ことは、Bankman-Fried氏が「小売に優しく、アクセスしやすい暗号通貨環境を育てる」ために「支援する」ことになるだろうと書きました。

個人資産200億ドルとも言われるBankman-Fried氏が約束を果たし、2024年にトランプ氏が出馬すれば、FTXの会長はアメリカの選挙で史上最大の政治献金者となります。

また、Bankman-Fried氏の真意について懐疑的な意見もあり、暗号通貨コミュニティに対して「暗号通貨億万長者のためのシミュレーションをやめるように」と呼びかけています。

ポッドキャストでBankman-Fried氏は、10億ドルは「ハードシーリングとして見るにはまともなものだ」と述べました。なぜなら、今からその間に何が起こるか誰にも分からないからですが、この数字を「少なくともソフトシーリングとして」と称しました。

一方、投資家のLark Davis氏(別名:The Crypto Lark)は、このようなお金があれば、FTXのボスは「議会」の「全体」を買うことができると言い切りました

別のTwitterユーザーは、Bankman-Fried氏は「世界最古のトリック」を成功させる寸前だと主張し、この規模の寄付で暗号通貨取引所の責任者のために「ドア」が開かれるだろうと述べました。

これに先立ち、Bankman-Fried氏は雑誌「タイム」の「世界で最も影響力のある100人」の1人に選ばれ、こう記しています

「過去2年間、主流文化における暗号通貨の上昇に、Sam Bankman-Friedほど大きな影響を与えた人はいません。」

____

詳しくはこちら:

FTX’s Bankman-Fried Hints at Bitcoin Lightning Network Integration After Community Backlash
FTX’s Bankman-Fried Accused of Misleading Public Over Bitcoin as FT Picks His Words ‘Selectively’
FTX Offers Stocks
Coinbase, FTX to Ramp Up Investment in India, But Experts Warn the Country’s Crypto Space May Face Chaos
Digital Dollar Would Undermine Banks, No Compelling Case for It, US Bankers Argue
US Inflation Surpasses Expectations, Bitcoin and Ethereum in Rollercoaster Mode