25 5月 2022 · 0 min read

SBFが提案した10億ドルのキャンペーン寄付は「投資」戦略だと懐疑的なTwitterユーザーたち

Sam Bankman-Fried. Source: a video screenshot, HBO / YouTube

 

Twitterユーザーは、FTX暗号通貨取引所の数十億ドルの所有者であるSam Bankman-Fried氏が、米国民主党の2024年の大統領選挙キャンペーンのために約10億米ドル以上を費やす計画は、「計算された投資」だと考えていると述べています。

Bankman-Fried氏は、Jacob Goldstein氏が主催するPushkin Industriesのポッドキャストの最近のエピソードで、次の大統領選挙で政治的受け手に「1億米ドル以上」寄付する見込みだと述べました。しかし、Donald Trump前大統領がホワイトハウスに再挑戦することになれば、彼の寄付の規模はさらに大きくなることが予想されるため、支出の「ソフトシーリング」はなんと10億米ドルになると付け加えました。

TwitterでTerra Research Forumの研究者Fat Man氏は、FTXのチーフが「自由世界のリーダーを味方につけるために10億ドルを費やす」ことは、Bankman-Fried氏が「小売に優しく、アクセスしやすい暗号通貨環境を育てる」ために「支援する」ことになるだろうと書きました。

個人資産200億ドルとも言われるBankman-Fried氏が約束を果たし、2024年にトランプ氏が出馬すれば、FTXの会長はアメリカの選挙で史上最大の政治献金者となります。

また、Bankman-Fried氏の真意について懐疑的な意見もあり、暗号通貨コミュニティに対して「暗号通貨億万長者のためのシミュレーションをやめるように」と呼びかけています。

ポッドキャストでBankman-Fried氏は、10億ドルは「ハードシーリングとして見るにはまともなものだ」と述べました。なぜなら、今からその間に何が起こるか誰にも分からないからですが、この数字を「少なくともソフトシーリングとして」と称しました。

一方、投資家のLark Davis氏(別名:The Crypto Lark)は、このようなお金があれば、FTXのボスは「議会」の「全体」を買うことができると言い切りました

別のTwitterユーザーは、Bankman-Fried氏は「世界最古のトリック」を成功させる寸前だと主張し、この規模の寄付で暗号通貨取引所の責任者のために「ドア」が開かれるだろうと述べました。

これに先立ち、Bankman-Fried氏は雑誌「タイム」の「世界で最も影響力のある100人」の1人に選ばれ、こう記しています

「過去2年間、主流文化における暗号通貨の上昇に、Sam Bankman-Friedほど大きな影響を与えた人はいません。」

____

詳しくはこちら:

- FTX's Bankman-Fried Hints at Bitcoin Lightning Network Integration After Community Backlash
- FTX's Bankman-Fried Accused of Misleading Public Over Bitcoin as FT Picks His Words 'Selectively'
- FTX Offers Stocks
- Coinbase, FTX to Ramp Up Investment in India, But Experts Warn the Country's Crypto Space May Face Chaos
- Digital Dollar Would Undermine Banks, No Compelling Case for It, US Bankers Argue
- US Inflation Surpasses Expectations, Bitcoin and Ethereum in Rollercoaster Mode