06 10月 2021 · 0 min read

サークルが召喚状を受け取ったため、XRPトークン保有者6名がリップルとSECの裁判で証言することになりました。

Source: Adobe/Stanislav

リップル社の上級幹部と規制当局である米国証券取引委員会(SEC)との間で繰り広げられてきた長期にわたる武勇伝の中で、XRPホルダー(少なくともそのうちの6人)が法廷に立つことになりました。しかし、規制当局は暗号関連企業への取り締まりをやめようとせず、2番目に人気のあるステーブルコイン、USDコイン(USDC)の発行元であるCircle Financialに召喚状を出しました。

幹部が故意に未登録の証券を販売したという主張を中心としたリップル社とSECの訴訟では、XRPの保有者は以前から法廷闘争に身を投じようとしていた。規制当局は、むしろリップル社の幹部だけとの決着を望んでいます。しかし、マンハッタン地方裁判所のAnalisa Torres判事は公式判決の中で、XRPホルダーの「意味のある視点」を聞くことを裁判所に認めるべきだと書いています。

トーレス判事は、XRPトークン保有者は、"公の記録や(経営陣の)弁護士のプレゼンテーションによって、裁判所にすでに提供されていない独自の視点や情報を提供することはできない "と、SECが介入を止めるために公式に主張したにもかかわらず、このように主張しました。

XRPホルダーのグループを代表する弁護士は、ツイッターで祝賀ムードを漂わせていました。

トーレスは、ホルダーが「クラスとして介入」することはできないと述べました。これは遅延の原因になるからですが、トーレスは(判例を引用して)「ホルダーは裁判所に有意義な見解を提供し、『裁判所が適切な判断を下すことができるように、困難な問題を完全かつ全体的に提示する』ことを確実にするのに役立つだろう」と付け加えました。

彼女は、ホルダーが "裁判所によって事前に承認された事件に関連する法的問題を説明することによって、裁判所を支援することが認められるものとする "と裁定しました。

しかし、判事は、アミカスの地位を得ることで、XRP保有者が「『重要な法的問題』を支援することができる」と記したものの、裁判所は「(グループの)『非常に党派的な立場』を認めることになる」との見解を示しました。

UTC 07:48、時価総額7位のXRPは1.05米ドルで取引されており、1日で約2%、1週間で14%上昇しています。

一方、SECは、アメリカのもうひとつの主要な暗号化プレイヤーであるCircleへの追及も臆することなく行っているようです。

サークルはSECに提出した書類の中で、実は今年7月に規制当局の執行部から "調査用召喚状 "を受け取り、"文書と情報 "の提供を求められていたことを明らかにしました。

同社はこう記している。:

"2021年7月、当社は米国証券取引委員会(SEC)執行部から、当社の保有資産、顧客プログラム、業務に関する文書や情報を求める調査用召喚状を受け取りました。当社は彼らの調査に全面的に協力しています。"

Some media outlets have pointed out that Circle made a similar admission in a document back in August, although this section appears to have been overlooked by most at the time.

一部のメディアは、サークルが8月にも同様の告白をしていたことを指摘していますが、この部分は当時、ほとんどの人が見過ごしていたようです。
____
もっと詳しく: 
-XRPが日本の取引所で取引を再開、リップルとSECの戦いは続く
- USDCのイシューサークルがフルリザーブの国立商業銀行になることが決定 

- イエレン氏がステーブルコインを「国家安全保障上の懸念」と言った後、USDC運営者は喜んでいる 
- レギュレーターは "ブルドーザー "のようなものだが、暗号は "国家のコントロールに抵抗力がある