09 9月 2022 · 0 min read

ビットコインのショートポジションはファンドの資金流入により過去最高を記録、CoinSharesが報告

ビットコイン(BTC)のショートファンドに資本が記録的な勢いで流入している一方で、通常のビットコインのロングファンドは流出が続いていることが、暗号研究・投資会社CoinSharesの新しいデータで明らかになりました。

CoinSharesの最新のデジタル資産ファンドフローレポートによると、ビットコインのショート投資ファンド(ビットコイン価格が下落すると価値が上昇するファンド)には先週1800万米ドルが流入し、このカテゴリでは過去最大の週間流入額を記録しました。この資金流入により、ショートビットコインファンドの運用資産額(AUM)は1億5800万米ドルに達しました。

一方、ビットコイン価格の上昇に伴って価値が上がる従来型のビットコインファンドは、1,100万米ドルの資金流出があったことがデータで示されています。この流出は、ビットコインファンドの4週連続の流出となる、と CoinShares は述べています。

一方、イーサリアム(ETH)を裏付けとするファンドは先週2番目に大きな流出となり、210万米ドルがファンドから流出した。他のアルトコイン担保ファンドでは、Solana(SOL)Avalanche(AVAX)がそれぞれ0.5百万米ドルの流入を記録しました。

全体として、暗号投資ファンド(ロングとショートの両方)は、今週920万米ドルの資金流入を記録し、ショートビットコインファンドがフローの大部分を占めました。

先週の全体的な資金流入は、このセクターが2700万米ドルの資金流出を記録した2週間前からの改善を示しています。当時は、ビットコインのショートファンドも流入を記録し、ビットコインとイーサリアムのロングファンドが流出を記録していました。

最新のレポートでビットコインのショート商品に大量の資金が流入したことについて、CoinSharesは、最近ジャクソンホールで行われたFRB(米連邦準備制度理事会)会議でパウエル議長が示した「よりタカ派的な見解」に従ったものだと述べている。このタカ派的なトーンは「一部の投資家にとって予想外だった」ようだと、同レポートは付け加えています。

Source: CoinShares