柴犬がメタバースに進出、LEASHトークンが高騰

Fredrik Vold
| 1 min read
Source: AdobeStock / Anne

 

柴犬(SHIB)エコシステムのトークンであるLEASHの価格は今日、その背後のチームが仮想世界(メタバース)の構築計画を発表し、LEASH保有者が新しいデジタルランドに最初にアクセスできると述べた後、約50%跳ね上がりました。

12:19 UTC現在、LEASHトークンは1,866米ドルで取引され、過去24時間で49%、過去7日間で129%上昇しています。一方、柴犬オリジナルのSHIBトークンは0.0000318米ドルで、1日で3%減、1週間で46%増となりました。

LEASH 7-day price chart. Source: Coingecko.com

「メタバースは、多くの人が楽しめる暗号の中で最大の領域の1つになる」と柴犬のチームはブログに書き、「Shibが行うすべてのことと同様に、我々はこのメタバース部門をリードしていく。」と付け加えました。

The Sandbox(SAND)Decentraland(MANA)など、他のいくつかの有名な暗号ベースの仮想世界と同様に、柴犬のメタバースには販売用の仮想土地が用意されます。

Shiba Landsは、かなりすぐにLEASHトークンで購入またはオークションで利用可能になるとブログポストは述べ、LEASHトークンを保有するコミュニティメンバーが早期にアクセスできるように、関心のある買い手のためのキューシステムが作業中であると説明しています。

さらに、チームはLEASHトークンの「アンチダンピング・システム」にも取り組んでいるそうです。チームはこれ以上の具体的な内容には踏み込まず、このシステムは「LEASH保有者を保護する」ことを目的としている、と述べました。

「芝不動産の一部を所有することで、さまざまなメリットがもたらされるでしょう 私たちは止まりません、これは始まりに過ぎません」と柴犬チームは書いています。

____

詳しくはこちら:
Why and How Crypto Will Rule Metaverse
Real Estate in the Metaverse Is Booming. Is It Really Such a Crazy Idea?

People ‘Will Spend 1 Hour a Day in Metaverse in Four Years’ Time, Predicts Gartner
Crypto Tech Trends in 2022: UX, Scalability, Metaverse Applications, and Bitcoin Integrations

Crypto Investment Trends in 2022: Brace for More Institutions and Meme Manias
Other Dog (and Cat)-Themed Coins Pump as Shiba Inu and Dogecoin Keep Fighting