ロシアの偽仮想通貨取引所の急増 – 詐欺師はどのようにロシア人を狙っているのか?

Tim Alper
| 2 min read

ロシアの地図とビットコイン

出典:Yuan/Adobe

ロシア人およびロシア語を話す仮想通貨トレーダーをターゲットにした不正な仮想通貨取引所の数が「大幅に」増加していることが、新しい報告書によって発表されました。

Kommersantによると、専門家は、「小さな(ロシア語の)仮想通貨取引所のいくつかは詐欺であることが判明した」数の「大幅な増加」を指摘した。

ロシアのセキュリティ企業InformZashitaeは、「不正な取引所」につながる仮想通貨取引は、ここ数週間で「1.5倍に増加」したと説明しました。また、このような取引所の数は「増加の一途をたどっている」とも述べています。

Positive Technologiesという会社は、2023年3月あたりのデータで、不正な仮想通貨取引所の数が1年の間に3倍増加したと主張しました。
また、「偽の仮想通貨取引所アグリゲーター」も 「蔓延している 」ことが判明しました。

仮想通貨取引所Satoshkinの代表であるDmitry Stepanin氏は、BestChangeのクローンが 「偽の取引所を宣伝するために特別に作られている」と述べたと引用されています。

ロシアの不正な仮想通貨取引所の増加、一体なぜ?


専門家は、この傾向はロシアにおける「仮想通貨・法定通貨取引量の増加と関連している」と主張し、多くのロシア人が経済制裁を回避するために仮想通貨を利用した方法を探していると述べています。

仮想通貨マイニング企業BitRiverの政府関係責任者であるOleg Ogienko氏は、次のように説明した:

「仮想通貨のような爆発的な成長を遂げる市場では、あらゆる種類の詐欺師が活発になるのは当然である。」

仮想通貨業界関係者は、ロシアにおける仮想通貨関連活動の「合法化だけが」、インチキ取引所の増加に終止符を打つことができると主張しました。

Ogienko氏は、仮想通貨取引所は当初、政府が管理する「実験的な法体系」(しばしばサンドボックスと呼ばれる)で運営することができると提案していました。

政治家たちは、政府が運営する仮想通貨取引所を立ち上げれば、その答えが得られると示唆しています。しかし、反仮想通貨派の中央銀行は、この考えを否定しているようです。

仮想通貨の規制に関する法案は、昨年11月に国家議会に提出されました。

しかし、中央銀行、法執行機関、親業界の省庁の間に深い溝があるため、この法律案はロシアの議会で進展することはありませんでした。議員たちは、今月末に修正した法案で再挑戦すると意気込んでいます。