セコイアが支援するオンチェーン・カストディアンが新たな暗号融資事業を立ち上げる

Sead Fadilpašić
| 1 min read

シンガポールに本社を置くデジタル資産カストディプロバイダのOnchain Custodian(ONC)は、暗号の貸し借りビジネスでの地位を強化しようとしていると、ONCの共同設立者で最高執行責任者(COO)のエル・リー氏が語った。

発表される予定の斬新な会社があり、数週間のうちに登録が完了する予定だと、彼はCryptonews.comに語った。

“実は、新しい会社を設立している最中で、名前はまだ決まっていません。名前はまだ決まっていませんが、簡単に言うと、Onchain Groupから貸し借りのビジネスを行う会社です。リーは、「これは、今後半年の間に私たちが行うとてもエキサイティングなことです」と述べ、今後数週間のうちに詳細が明らかになるかもしれないと付け加えました。

その間にも、カスタマイズされたウォレット機能の構築や、新たな資産管理商品の開発、さらには暗号化取引所向けの新機能にも取り組んでおり、これらのプラットフォームでは迅速な取引の実行が求められるため、取引手数料のタイプを選択できるようにしています。

“また、暗号化取引所向けの新機能として、取引手数料の種類を選択できるようにすることも検討しています。「取引が行われた後に、取引をキャンセルしたり、取引を高速化したりできるような機能を構築することを検討しています」とリーは述べています。

また、ONCの重要な目標は、シンガポールで決済サービスのライセンスを取得することです。”また、ONCの主な目標は、シンガポールでペイメントサービスのライセンスを取得することです。「できれば、今年中に規制当局から前向きな承認を得て、ライセンスを取得したいと考えています」とCOOは付け加えました。

同社のウェブサイトによると、ONCの顧客には、暗号取引所、暗号ファンド、ヘッジファンド、鉱夫、資産管理者、店頭ブローカー、ファミリーオフィス、富裕層などが含まれています。2019年4月、ONCはデジタル資産のカストディ・プラットフォームと付加価値サービスである「SAFE Platform」の提供を開始しました。

彼らの投資家には、セコイアDHVCなどのベンチャーキャピタルや、中国の多国籍コングロマリットの持ち株会社であるFosunなどがいます。

取締役会の会長は、NEOブロックチェーンの共同創設者であり、民間企業にサービスを提供する商業ブロックチェーン企業であるOnChain(Distributed Technology)のDa Hongfeiが務めています。
___
もっと詳しく: 
WBTC: ビットコインとDeFiの出会い
BlockFi、3億5000万米ドルのラウンドを経て3億米ドルの価値に

ビットコインは20兆円規模の世界担保市場に「最適」–調査結果
SECの取り締まりは?日本の大手SBIがXRPの貸し出しを開始

Nexoが新サービスを開始、銀行化を目指して非中央集権化に注目
DeFiアンロック。Aaveを使ってCryptoを貸し出して利息を得る方法