Warren上院議員、高齢者に対する仮想通貨詐欺の脅威増大に対処

Yamada
| 2 min read

Warren上院議員、高齢者に対する仮想通貨

画像引用先:Pixabay

Elizabeth Warren上院議員は、高齢者をターゲットにした仮想通貨詐欺がもたらす危険性を強調し、将来の詐欺に対する予防策として同氏のデジタル資産法案を支持するサイバーセキュリティ専門家の支援を受けました。

11月16日の上院公聴会でWarren氏は、高齢者がいかに不当に影響を受けているかを示すFBIの統計を引用し、仮想通貨詐欺が「すべての消費者に平等に影響を与えているわけではない」わけではないと指摘しました。

「昨年、高齢者をターゲットにした仮想通貨投資詐欺が350%増加しました」とWarren氏は述べ、 「これはすべての年齢層の中で最も大きな増加です。それにより高齢者は仮想通貨詐欺で10億ドル以上を失いました。 そして、多くの被害者は恥ずかしさや恐怖から、自分の体験を報告しない人もいると思いますが、10億ドルという数字はほぼ確実に過小評価されています。」と語りました。

同氏は、自身が提案する法案であるデジタル資産マネーロンダリング防止法は、規制当局による疑わしい仮想通貨関連活動の監視を合理化し、詐欺的スキームの特定と閉鎖を促進すると宣言しました。

また、専門家のSteve Weisman氏も公聴会に出席。Scamicide.comの編集者であり、ベントレー大学の上級講師であるWeisman氏は、仮想通貨詐欺はクレジットカード詐欺と比較して追跡が困難であると指摘しました。

さらに、これは仮想通貨がミキサーを通過すると追跡が非常に困難になるという事実に帰着すると同氏は述べました。

「それがミキサーに入ると、問題が発生します。 人々がプライバシーに関する懸念を抱いているのは当然ですが、詐欺師にとってはそれが及ばないのです。」

Warren氏はその後、なぜ暗号通貨が特に高齢者をターゲットに使われているのかWeisman氏に尋ねました。

「それは私たちの心をとらえる新しくて輝く対象です」とWeisman氏は言いました。「そこに何かがあると思います – 私はある程度、それが皇帝の新しい服であると信じざるを得ません」

Weisman氏はまた、従来の法定通貨に適用されるものと同等のデジタル資産に対するマネーロンダリング防止(AML)規制を確立することを目的としたWarren上院議員のデジタル資産マネーロンダリング防止法への支持を表明しました。

「民間部門と政府が協力する必要がある」とWeisman氏はこの法律について発言。 「あなた(Warren氏)の法案はずいぶん前に提出されたものです。絶対に計り知れない助けになるものだという意味では、文句のつけようがありません。」

Warren氏は、自身の法案が現在、他の14人の超党派の上院議員の支持を得ていること、さらには上院司法委員会の議長であるDick Durbin氏や、上院国土安全保障および政府問題委員会のメンバーであるGary Peters氏の支持も得ていることを指摘しました。