Sen. Warren氏とその他100人の議員、暗号資産を利用したテロ資金調達についてBiden氏に問い合わせ

senator-elizabeth

画像引用先:YouTube/Senator Elizabeth Warren

米国上院議員のElizabeth Warren氏(D-Mass.)は、暗号資産がテロ資金調達のツールとして使用される問題に対処するようBiden政権に求めています。彼女の懸念は、Sen. Roger Marshall氏(R-Kan)やRep. Sean Casten氏(D-Ill)を含む100人以上の議員が署名した超党派の手紙に文書化されています。

彼女の公式ウェブサイトによると、マサチューセッツ州の民主党員は、テロ組織ハマスが、イスラエルに対する継続的な攻撃を開始するために、暗号資産を通じて秘密裏に資金を調達していたと述べています。

Warren氏は、これらの犯罪組織がどのようにして米国の制裁を逃れ、Biden政権が今後、暗号資産を用いたテロ資金調達にどのように対処するかについての情報を求めています。

議員たちは、ハマスとパレスチナ・イスラム聖戦(PIJ)が2021年8月から2023年6月の間に暗号資産で1億3000万ドルを調達したことを明らかにし、彼らの懸念が聞かれるべき理由の文脈を提供しました。

これらの資金移動は、さまざまなデジタル通貨を使用して行われました。

今年初めから、PIJは別の過激なムスリム派閥であるHezbollahに、1,200万ドルの暗号を送金しています。

暗号資産の移転は追跡が困難であり、さまざまな政府がテロ資金調達での暗号資産の使用を取り締まることを困難にしています。これにより、異なる地域での反乱の成長を抑えることがより難しくなります。

このチェックされていないシステムに固有の現在の危険を指摘して、議員たちは、お金が戦争の背骨であるというハマスによるTelegramの投稿を引用しました。

ハマスグループとイスラエルとの間の激しい戦争の最中、テロリストによる暗号の使用に関してBiden主導の政権からの強力かつ明確な計画の要求が行われています。

今月初めに始まった攻撃に続いて、少なくとも1200人のイスラエル人がハマスグループとその同盟国によって発射されたロケットミサイルの連続によって命を失いました。

イスラエル国防軍(IDF)は彼らの攻撃に対応し、ほとんどの武装グループが住むガザ地区に対する本格的な攻撃を開始しました。

Elizabeth Warren上院議員を含むその他の米国上院議員たちは、米国財務省およびワシントンDCから10月31日までに迅速な対応を求めています。

暗号資産に対するマネーロンダリングへの取り締まり


米国は、世界的なテロとの戦いで敵対的勢力に対して複数の制裁を科しています。

最近、財務省の外国資産管理局(OFAC)による声明で、ガザ、スーダン、トルコ、アルジェリア、カタールに拠点を置くハマスグループの10の主要メンバー、運営者、および財政的ファシリテーターが制裁リストに追加されました。

OFACによると、今回の制裁にはガザに拠点を置く仮想通貨取引所も関与しているといいます。

新しい制裁ラウンドについて話す中で、財務長官のJanet Yellen氏は、米国政府機関がこれまでにテロ資金調達を効果的に妨害してきたと述べました。

財務省は、テロリズムとテロ資金調達に関連する1,000人以上の個人とエンティティを成功裏に標的にしてきました。

同機関は、イスラエルとの最新の攻撃ラウンドが、イラン政権とそのイスラム聖戦グループによって築かれた悪の塔を打ち倒すためのインセンティブとなっていると述べています。