SECの降伏:ビットコインETFの登場を専門家が予測

bitcoin-etf

画像引用先: iStock/Photographer, Filmmaker, Designer

金融商品取引委員会(SEC)は、ビットコイン(BTC)上場投資信託(ETF)に対する闘争を譲歩し、上訴の期限が金曜日に過ぎたことが明らかになりました。

当局が重要な裁判所の判決に上訴する能力を持たないことで、多くの人々がビットコインETFが市場に間もなく登場すると予測。Bloombergのアナリストによると、1月10日には早くもそのようになる可能性があるといいます。

SECがGrayscale対SECの訴訟における8月の裁判所の判決に異議を唱えなかったのは、Gary Gensler議長の心変わりの結果ではないと考えられています。

むしろ、当局の限られた法的資源と、裁判所がETFの拒否に対するSECの正当化を解体したことが、彼らのカードを畳む決定につながったと信じられています。

5月に、米国の裁判所はSECによって提起された継続中の訴訟でリップルに有利な判決を下し、取引所でXRPを販売すること自体は投資契約を構成しないと主張しました。

ニューヨーク南部地区裁判所によって発行されたこの判決は、「デジタル資産取引所でのXRPの提供と販売は、投資契約の提供と販売には当たらない」と述べています。

しかし、連邦裁判官はまた、XRPは機関投資家に販売される際には証券であると裁定しました。なぜなら、それはハウィー・テストで設定された条件を満たしていたからです。

どの企業が最初にETFの認可を受けるか、依然として不明


一方で、ETFを提供する具体的な企業や、長引く低迷を経験している暗号通貨市場に与える影響は依然として不透明です。

Grayscaleは、ヨーロッパやカナダで数年間利用可能であったタイプのファンド、ビットコインETFのSEC承認を確保するための法的闘争の最前線にありました。

そして、裁判所の手続きがGrayscaleに有利に進展するにつれて、BlackRockやFidelityなどの金融業界の大手も、自社のETFを提供するための申請を行いました。

状況を考えると、SECがBlackRockのような有名な伝統的金融企業に最初に承認を与えることは、驚くに値しないでしょう。

より興味深い問題は、待望のETFが暗号通貨市場に与える影響に関するものです。

業界は長年、機関投資家からの資金が暗号通貨に流れ込むことがゲームチェンジャーとなり、何十億ドルもの新たな資本を注入し、価格を押し上げることを予測してきました。

ETFが間近に迫っていることを考えると、大手資産運用会社がクライアントにビットコインへのポートフォリオの一部を割り当てることを奨励するのは容易に想像できます。

しかし、この機関投資家からの資金流入が予想されるほど実現しないのではないかという懸念が業界内にはあります。

暗号通貨の価格は尊重されているレベルを維持しているものの、取引量は大幅に減少し、業界が魅力を失っている印象を与えています。

ETFの導入によって引き起こされる大幅な価格上昇は、間違いなく物語を変え、必要とされる熱意を生み出すでしょう。

しかし、そのようなラリーが実現しない場合、現在の状況が変革の瀬戸際にあることを示すために、暗号通貨業界に対する圧力が強まるでしょう。