SECの不服決定により、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)のETF転換の可能性を高める

SECの不服決定により、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)

画像引用先:ShutterStock

最近の報告によると、米国証券取引委員会(SEC)は、Grayscaleの決定に対する上訴をしないことを選択。BloombergのETFアナリストであるJames Seyffart氏がこの問題について意見を述べ、スポットBitcoin ETFの承認が非常に可能性が高いとし、10月13日の投稿で「確定した取引」と呼んでいます。

重要な展開として、SECはGrayscaleのビットコイン信託をよりアクセスしやすい上場投資信託(ETF)に転換するリクエストを拒否するという、自身の決定を強力に覆した裁判所の判決に異議を唱えることを選択しませんでした。SECは、裁判所の裁定に異議を唱えるかどうかを決定するために、金曜日の真夜中まで時間がありました。しかし、SECはこの期限を迎えても上訴を追求をせず。このニュースを受けて、ビットコイン(BTC)は急騰し、$27,000を超え、現在$27,950前後で取引されています。

10月15日、GrayscaleもSECが再審請求をするための45日間の期間が経過したことを確認しました。その結果、裁判所は次の7営業日以内に「最終命令」を出す予定です。

Grayscaleは、SECからの承認を受けて、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)をETFに転換するための運用上の準備が整っていることを再確認しました。彼らは「Grayscaleチームは、SECの承認を受けてGBTCをETFに転換するための運用上の準備が整っており、実行可能な限りすぐに詳細情報を共有することを楽しみにしています」と述べています。

この展開は、ETFを通じたビットコインへのよりアクセスしやすい投資手段に対する希望をかき立てる、規制環境の注目すべき変化を意味しています。

GrayscaleのETF転換:暗号通貨投資のアクセシビリティ新章


D.C.巡回控訴裁判所は8月に重要な裁定を下し、Grayscale InvestmentsのGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)をETFに転換するための申請をSECが、「恣意的かつ気まぐれ」であると拒否したと宣言しました。また、裁判所は連邦機関が類似のケースを一貫して扱わなければならないと主張しました。

この裁定は、SECの対応を熱心に待ち望んでいた暗号通貨コミュニティの中で、期待の雰囲気を作り出しました。現在、SECがこの決定に対する上訴をしないことを決定したと報告されています。SECが公式にこれを確認していないものの、市場のオブザーバーは、これをアメリカ合衆国で最初のBitcoin ETFへの道を開く重要な発展と見なしています。

Grayscale Investmentsはこの移行の準備が整っており、SECの承認が下り次第、GBTCをETFに転換する準備ができていると表明。この動きを取り巻く期待感は、ファンドの価格とそれに基づくBitcoin保有量との間の長年の問題である持続的なディスカウントを解消する希望によって特徴づけられています。

Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)、スポットBitcoin ETFの見込みの中でディスカウント縮小を確認


GrayscaleのBitcoin投資商品であるGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)は、Bitcoinの純資産価値(NAV)に対するディスカウントの顕著な減少を経験しており、市場のセンチメントの潜在的なシフトを示しています。10月13日現在、YChartsのデータによると、GBTCのNAVに対するディスカウントは15.87%で、およそ2年ぶりの最低水準になっています。

純資産価値へのディスカウントは、相互基金またはETFが実際の価値を下回って取引されている程度を測定する重要な指標です。この情報は、投資家が保有資産に対して証券がどの程度正確に価格設定されているかを評価するために不可欠です。

GBTCのディスカウントの縮小は6月半ば頃から始まり、BlackRockを含む主要金融機関によるスポットBitcoin ETFの申請と一致しています。ディスカウントが44%だった6月15日から、7月5日には26.7%に減少。それ以来、このトレンドが続いています。

GBTCのディスカウントが同様のレベルにあったのは、Bitcoinが11月10日に69,000ドルの史上最高値に達した直後の2021年12月初旬でした。

Bitcoin支持者であるOliver Velezのような市場観察者は、ディスカウントの縮小が年末までにスポットBitcoin ETFの承認が予想されていることを反映していると示唆しています。

Lyle Prattなどの他のアナリストも、スポットBitcoin ETFの見通しが承認に近づくにつれて、GBTCのディスカウントが次の1〜2週間でさらに減少すると予想しています。

SECが取る具体的な行動のコースはまだ不確かなままですが、Grayscaleや暗号通貨コミュニティは、この新しい暗号投資アクセシビリティの章がどのように展開するかを密接に注視しています。

現時点では、暗号通貨投資コミュニティは、裁判所から予想される「最終命令」を熱望しており、これがこの画期的な開発のトーンを設定する可能性が高いです。