Hester Peirce SEC委員、LBRY事件におけるSECの措置に異議を唱える

Yamada
| 2 min read

Hester Peirce SEC委員

画像引用先:iStock/Pgiam

証券取引委員会(SEC)のコミッショナーであるHester Peirce氏は、暗号通貨スタートアップLBRYに対する告発の取り扱いについて、同委員会のやり方に強く反対しています。

金曜日に発表された声明で、暗号通貨産業に対して好意的な姿勢で知られるPeirce氏は、SECがトークンプロジェクトに対して証券法の明確な適用を主張する根拠がないと主張しました。

委員会の主張とは反対に、Peirce氏はLBRYのような企業が実用的なトークンの提供をSECに登録するための現実的な手段は現在存在しないと主張しました。

さらに、登録が可能であったとしても、それは実用的な価値が少ない努力であると彼女は強調しました。

「たとえ企業がトークン提供を登録できたとしても、それは特に有用な努力ではありません。」

Peirce氏は、投資家保護のためのコンプライアンスの重要性を強調しましたが、規制の承認を求めるトークンプロジェクトに利用可能な実行可能なオプションが欠けていると指摘しました。

LBRY、業務停止計画を発表


Peirce氏のコメントは、LBRYからの最近の発表を受けてのものであり、その発表で同社は閉鎖すると明らかにしました。

この決定はSECとの長年にわたる法的対立を受けたもので、SECは初めてLBRYに未登録の証券の販売で告発し、トークンオファリング中に同社が米ドル、ビットコイン、サービスで1,100万ドル以上を調達したと主張しました。

Peirce氏は、自分はLBRYに対する訴訟を追求するSECの決定を支持していなかったが、訴訟が進行中であった間に公に懸念を表明することができなかったとして、彼女のフラストレーションを表明しました。

LBRYは以前、そのトークンが規制の対象であると裁定した裁判官の決定に対して控訴を行っていましたが、後に控訴を取り下げました。

この状況を受けて、LBRYはSEC、その法律チーム、および返済できない民間の債権者に対する負債で圧迫されていると述べました。

その結果、Odyseeを含む同社の資産が受託者の管理下に置かれることになります。

この投稿時点で、LBRYのすべての役員、従業員、および取締役会メンバーは辞任しています。すべての人々が、未解決の法的要件を満たすために必要なことを行うだけで、それ以上は行わない」と、スタートアップは先週述べました。

2022年7月の裁判官の判決は、LBRYのトークン、LBCが証券として分類されるべきかどうかに明確に言及していませんでした。

そして、Peirce氏はこの曖昧性がLBRYブロックチェーンが存在し続ける可能性があることを意味し、一方でより厳しい道を歩むことになるであろうと指摘しました。

SECは2021年3月にLBRYに対して訴訟を起こし、2016年から2020年まで未登録の証券を販売したと会社を告発しました。この告発には、機関投資家やプラットフォームのユーザーへの販売も含まれています。

SECの訴訟では、LBRY Creditトークン(LBC)が1933年証券法の下で証券として資格があるとも主張されています。SECは2018年5月に調査を開始し、このブロックチェーンベースの出版プラットフォームを3年間調査していました。

SECは2022年11月にこの事件で勝訴し、審理中の裁判官も、LBC(LBRYクレジット)は確かに証券であると裁定しました。

当初、SECは総額4400万ドルの罰金を要求していましたが、これは民事罰金と没収の間で均等に分割され、さらにLBCの販売を停止する裁判所の命令も求めていました。

ただし、LBRYが2200万ドルの罰金を支払う可能性が低いと認識して、SECは後に、LBRYの財政的困難とほぼ崩壊状態を理由に、罰金を111,614ドルに減らすよう裁判所に要請しました。