SECのGensler委員長はGrayscale社の判決後、ビットコインETFの計画について沈黙を守る – 最新情報はこちら

SECのGensler委員長はGrayscale社の判決後、ビットコインETFの計画に

画像引用先:A video screenshot, YouTube / SEC

公的市場でスポットBitcoin ETFを承認するための膨大な圧力にもかかわらず、証券取引委員会(SEC)の議長であるGary Gensler氏は、彼の機関の次のステップについて議論することを拒否しています。

月曜日、SECは控訴裁判所からGrayscale社のBitcoin ETF申請の見直しを命じる命令を受け取りました。同社は、可能な限り早期にスポットETFに転換する計画である世界最大のBitcoinファンドを所有しています。

CoinDeskによると、Gensler氏は「それらはスタッフが取り組んでいる事柄です」と、ワシントンでの証券執行フォーラムイベントで述べました。彼は、SECのスタッフが彼自身と委員会に対して勧告をするのを待ち、状況を先走って判断することなく、「そのプロセスを進行させる」と語ったのです。

また、Gensler氏は、SECが同様の申請をどの順序で処理するかについては明確な回答を避けました。

現在、当局はBlackRock社、Fidelity社、Franklin Templeton社などの大手ファンドマネージャーからの、ほぼ同一のスポットBitcoin ETF申請を約12件審査しています。

Grayscale社は、月曜日の裁判所の命令によりその競争に再び加わりました。これは、同社が8月にSECに対して獲得した法的勝利と、そのケースの上訴を拒否した機関の後に続いています。

この勝利は、スポットETFの承認が実際に行われるかもしれないという市場の信頼を強化しました。Grayscale社のGBTCシェアのディスカウントは14%に縮小し、今週Bitcoinの価格は年間最高の35,000ドルに達しました。

また、SECは、XRPの機関的な販売に関してRippleに対する進行中の訴訟も抱えており、同社に未登録証券のXRPの販売に対して7億7千万ドルの罰金を支払うよう求めています。今月初め、SECはRippleの共同創設者に対する同様の訴因を取り下げました。

さらに、SECは、疑われる証券法違反のために、暗号通貨取引所Coinbase社およびBinance社に対する訴訟を継続しています。

「私はこれらの暗号通貨取引所の各ケースが自らを表現するようにさせるつもりです。それらは裁判官の前にあります」と彼は語りました。「それらは、それらが自ら進行する場所で進行します。」

Gensler氏はイベントに登場し、SECの執行についてスピーチを行いましたが、仮想通貨業界については批判が殺到しており、同氏は「コンプライアンス違反が蔓延している」と述べました。

また、「我々の資本市場は110兆ドルだ」と同氏は質疑中に述べています。 「世界中の仮想通貨は1兆ドルかもしれないが、米国ではそれよりも少ない。 つまり、それだけで米国の資本市場の1パーセントにも満たないことになります。」