SBFの法廷闘争:Scaramucciの証言に対する厳しい見通し

Yamada
| 2 min read

Scaramucciの証言に対する厳しい見通し

画像引用先:CNBC

FTXの創業者であるSam Bankman-Fried氏は、木曜日に自らの詐欺裁判で証言を始め、自分の取引所の顧客を故意に詐欺したとの告発から自らを守るために証言台に立ちました。

証言台に立つ前、SkyBridge Capitalの創業者であるAnthony Scaramucci氏は、旧暗号通貨界の大物であるSam Bankman-Fried氏が政府検察に勝つ可能性は低いと語りました。

「彼はまるで皮を剥がれるような目に遭うだろう」とScaramucci氏はCNBCのインタビューで木曜日に述べました。「逃げ場はない。彼は検察官を出し抜くと思っているかもしれないが、彼らはこのようなことに非常に経験が豊富だ。」

Scaramucci氏はビジネスパートナーとしてBankman-Fried氏と親しく、2022年11月に彼の暗号通貨帝国が崩壊する過程で、彼に対面する機会がありました。

当時、Scaramucci氏は「作戦室」は「意気消沈」していて、FTX 内部関係者の少数のグループが社内のほとんどの人に告げずに何かをしたことはすでにわかっていたと述べていました。

その前の評価は、裁判全体を通じてBankman-Fried氏の内部サークルからの詳細な証言で裏付けられており、彼ら全員が彼らの上司に率いられた詐欺に参加したと主張しています。

かつて被告に対して肯定的な見解を持っていたにもかかわらず、Scaramucci氏はその後、Bankman-Fried氏を暗号通貨の「Bernie Madoff」とレッテルを貼り、彼を待つのは「第九の地獄」であると述べました。

「彼らはすべての矛盾点を指摘し、彼が証言台に立つ間に犯罪的な意図を証明するでしょう」とScaramucci氏は続けました。「これは彼の刑期に何年も追加するだけです。」

FTXが崩壊する前に、同取引所はScaramucci氏の投資会社に30%の持分を買い取っていました。そして、創業者は4月に、多くの人が予想するほどには彼の会社に悪影響を与えていないと述べました。

これまでのところ、Bankman-Fried氏はFTXの利用規約に基づいて、FTXがその姉妹ヘッジファンドであるAlameda Researchに資金を貸すことが許されると理解していたと主張しています。CNNによれば、取引所の創業者は木曜日の尋問中にしきりに動揺し、頻繁に水を飲んでいたとのことです。

Scaramucci氏、SBFの性格を語る


Scaramucci氏はまた、Bankman-Fried氏に関するMichael Lewis氏の新著についてもコメントしましたが、仮想通貨業界の専門家らは同氏を非常に慈善的に扱ったと考えています。

「彼は本の中で客観的であろうと努めていますが、それは一種の客観的なものにすぎません」とScaramucci氏は語っています。 「結局のところ、Samが私たちの多くが感じているような極度の重犯罪者だと思っていたら、Michaelは決してこの本を書かなかっただろう。」

Scaramucci氏は、1年前にはBankman-Fried氏の「傲慢さ」を感じられなかったと主張し、同氏を複数の国家元首に紹介したことが「恥ずかしい」と述べました。