06 9月 2022 · 0 min read

サウジアラビアが暗号資産担当者を採用、デジタル資産への関心を示唆

暗号通貨に魅せられたサウジアラビアの成長の可能性は本物です。Accentureの元幹部がサウジアラビア中央銀行に採用され、暗号通貨とCBDCのイニシアチブを統括しています。以前は、サウジアラビア王国は暗号通貨をより慎重に扱っていました。

ビットコインの採用を促進するためにAccentureの元常務取締役を迎え入れた後、サウジアラビアはデジタル通貨の将来性を見始めています。Bloombergによると、サウジアラビア中央銀行は、同銀行の暗号通貨とカンナビジオール(CBD)イニシアチブの責任者として、Accentureの元マネージングディレクター、Mohsen AlZahrani氏を採用したとのことです。

LinkedInのプロフィールによると、AlZahrani氏は7月から同銀行に勤務しています。2015年3月から2018年10月まで中央銀行にいたとき、AlZahrani氏はイノベーションセンターの暗号通貨とCBDCのプロジェクトを監督していました。

複数の関係者がBloombergに語ったところによると、リヤドは最近デジタル資産に関心を示し、アラブ首長国連邦の暗号通貨に対する方針を測るために業界の最大手企業と話をし始めたとのことです。Aber中央銀行デジタル通貨(CBDC)プログラムで、デジタル資産を開発するための各国の協調的な取り組みの一環です。

2019年に発表された「デジタル通貨と分散型台帳の共同実験」であるAberは、2つの国の中央銀行が共同で発行するデジタル通貨の試みです。アラブ首長国連邦中央銀行(CBUAE)、サウジアラビア中央銀行(SAMA)、商業銀行6行によって開発されました。

サウジアラビア政府高官が懸念を表明した理由とは?

湾岸国家の今後の暗号資産への野心を示す動きとして、サウジアラビアの銀行規制当局は、王国の仮想資産と中央銀行のデジタル通貨イニシアティブを監督するためにMohsen AlZahraniを任命しました。情報筋によると、Al ZahraniとAl Yousefはサウジアラビアの首都リヤドにあるチームで働き、今後の規制について大手暗号通貨企業と接触しているとのことです。

サウジアラビアの当局者は、仮想資産の投機的な性質について懸念を表明しており、これまでより慎重なアプローチを取ってきました。しかし、事情に詳しい情報筋によると、アラブ首長国連邦が暗号通貨の世界的なハブとして台頭していることから、リヤドはこの資産クラスに対してより正式な規制を策定するよう圧力を感じているとのことです。

サウジアラビアにおける暗号通貨の役割

匿名の情報筋によると、Accentureコンサルティング会社の元マネージングディレクターであるAlZahrani氏は現在、中央銀行の開発・技術担当副総裁であるZiad Al Yousef氏に報告されているとのことです。彼らは、リヤドで主要な暗号通貨企業と法案について協議しているグループの一員であると言いました。

SAMAの関係者は、コメントの要請に応じませんでした。サウジアラビアは、リヤドを全世界のハブとするMohammed bin Salman皇太子の計画の一環として、リヤドでの存在感を高めるよう企業に圧力をかけています。湾岸の商業拠点であるドバイに真っ向から挑んでいます。

サウジアラビアとUAE、統一デジタル通貨を模索中

経済規模が大きく、比較的裕福な人口を抱える同国は、中東で事業を展開する企業にとって重要な市場です。業界最大手のBinance Holdings Ltd.は、現在の規制が解除された場合、同国がほぼ未開拓の市場となる可能性を見越して、サウジチームを拡大しました。

https://www.bloomberg.com/news/videos/2022-09-05/saudi-arabia-s-central-bank-hires-crypto-chief

リヤドでは2018年に銀行ベースの暗号通貨取引が禁止されましたが、取引する方法はまだ残っています。専門家によると、地元の銀行は最近、顧客との会話方法に関する制限を強化しているとのことです。

また、サウジアラビアとアラブ首長国連邦の政府は、以前から共同のデジタル通貨の可能性について議論しています。