Sam Bankman Fried氏の弁護団、裁判で破産と慈善活動の明確化を求める

Sam Bankman Fried氏の弁護団、裁判

a video screenshot, Forbes Breaking News/YouTube

Sam Bankman Fried被告を代理する弁護団は、公判中に提示できる具体的な主張について、事件を担当する米国判事に明確な説明を求めています。

月曜日の提出書類によると、彼らはFTX.USが適用される規則を順守していたことを認めながらも、FTXが米国で規制されていないと主張する能力について、より深く理解することを目的としているようです。

さらに、彼らはBankman Fried氏に対し、進行中の破産訴訟におけるFTX債権者による多額の回収の可能性や、同氏の慈善寄付や慈善活動を裁判に含めることについて話し合う許可を求めています。

弁護側の懸念の一つは、違法な選挙資金計画の疑いに関連する証拠を提出するという司法省の意向に関連しています。

今月初め、Kaplan判事は司法省に有利な判決を下し、Bankman Fried氏が公判中に特定の主張をすることを差し止める申し立てを認めました。

当時、裁判官は弁護側はこれらの申し立てに異議を唱えていないと述べていましたが、FTXの弁護士は現在異議を唱えています。そして、彼らの異議には議論が含まれており、脚注で詳細を明確にすると主張しています。

“したがって、我々はBankman Fried氏が政府の要請に反対したことを踏まえ、裁判所の判決の再検討、あるいはその代わりの明確化を謹んで要請する”

この要請は、Bankman Fried氏が予定していた「弁護人の助言」による弁護について、冒頭弁論で言及することはできないとした裁判官の判決を受けてのものです。

それにもかかわらず、弁護側は裁判所と検察に通知すれば、後の段階でこれらの主張を提起することが許可される可能性があります。

司法省、Bankman Fried氏による精神疾患の弁護行使を阻止する狙い


司法省はまた、期限までに適切な通知がなかったとして、Bankman Fried氏の弁護士が精神疾患の弁護人を提出するのを阻止しようとしました。

同庁は先月、効果的な利他主義に関する質問は不必要であるだけでなく、被告が世界を改善するために富を蓄えていると示唆する、弁護側の物語を形成する試みでもあると主張。

彼らはまた、Bankman Fried氏のADHDと関連する投薬に関する質問は無関係かつ不利益なものとみなし、裁判所が課した期限内に精神疾患や状態弁護についての通知が提供されなかったことを強調しました。

最近では、Bankman Fried氏に属する一連の未公開ツイートが出回り、これらによると、少なくとも12月以降は軽度のうつ病や快感を感じられない無快感症などのメンタルヘルスの悩みについて話し合っていたことを示唆しています。

一方、裁判は火曜日午前9時30分(東部時間)に開始され、陪審員が選出される予定です。

検察側はこの手続きが1日以内に終わると予想していることを示しており、早ければ10月4日にも初弁論が始まる可能性があることを示唆。

Bankman Fried氏と司法省は先月、陪審員候補の中にこの事件、特に暗号や効果的な利他主義に精通している者がいるかどうかを確認することを目的とした予備尋問の質問を提出しました。