Sam Bankman-Fried氏の裁判の陪審員選定、偏見の懸念から2日目に延長 – 何が起きているのか?

sam-bankman-fried-media-l

画像引用先:a video screenshot, ABC News/YouTube

FTX創設者Sam Bankman-Fried氏の刑事裁判において、陪審員選定のプロセスが潜在的な偏見の懸念により2日目に突入しています。

初期の潜在的陪審員プールから、50人に絞り込まれ、これから最終的な12人のパネルが水曜日の朝までに選ばれる予定です。これはWired社の最新の更新によるとのことです。

すでに裁判では、Bankman-Fried氏の無罪を判断する際の公平性に影響を及ぼす可能性のある理由から、多くの潜在的陪審員が自らを除外しています。

いくつかの個人は、自身の暗号通貨に関する財政的損失を挙げており、これは昨年のFTX社の崩壊によりさらに悪化したと述べています。

陪審員番号29、Zal Dang氏は、暗号通貨に関連するケースで偏見なく判断する能力に疑問を抱いていると表明。

彼は暗号通貨業界に対する否定的な感情を抱いていると告白し、これは彼が暗号通貨について初めて知ったときからのことで、Inner City Press社が火曜日に報じました。

審判官Lewis Kaplan氏は後に、潜在的な陪審員の中にFTX社やその提携ヘッジファンドであるAlameda Research社を知っている人がいるか尋ねました。審判は「暗号通貨」や「ブロックチェーン」に関する議論を含むからです。

そして、2人の陪審員はこの資産区分に投資していたが、最終的にお金を失ったと認めました。

他の陪審員は、広い金融産業との職業的つながりを明らかにしました。これには、Financial Industry Regulatory Authority(FINRA)、Bank United、およびMorgan Stanleyが含まれます。後者は以前、FTX社と密接な関係を持っていた今はなき暗号通貨銀行Silvergateに対して楽観的であったとされています。

裁判官、陪審員にメディア報道を避けるよう要請


FTXの崩壊に関する顕著な報道を受けて、Kaplan判事は陪審員に審理に関連するすべてのメディア報道を避けるよう指示しました。

彼はまた、Silvergate氏、Anthony Scaramucci氏、Caroline Elison氏など、破産に関連する著名な名前を知っているかどうかも尋ねました。1人の陪審員は、倒産した銀行で働いていたことを明かしました。

さらに、Kaplan判事は、著者Michael Lewis氏がSam Bankman-Fried氏との経験について語り、彼のビジネスが「ポンジスキーム」であるという主張を退けたCBSの「60 Minutes」という番組の最近のエピソードを、陪審員の誰かが観たかどうかを問いました。

インタビュー中、Lewis氏は、Bankman-Fried氏の金融帝国内で何十億ドルもの資金が驚くべき速さで消失していることと、管理の失敗を暴露。

彼はBankman-Fried氏に、彼のプライベートファンド内に80億ドルの顧客資金があることを知らなかったことを問い詰めました。

これに対し、Bankman-Fried氏はそれを単なる「端数の誤差」と呼び、その時点ではその額は取るに足らないと感じており、まるで無限の資金があるかのように、それに注意を払っていなかったと述べました。

さらに、Lewis氏はFTXの崩壊前に、Bankman-Fried氏がDonald Trump氏にもう一度大統領選に出馬しないように最大50億ドルを提供することを考えていたと明かしました。

Bankman-Fried氏は、顧客の預金をその同意なくAlamedaに貸し出して詐欺を働いたとする告発を含む、陰謀と詐欺の罪に問われています。