Sam Altman氏のOpenAI退社でワールドコインの価値が急落 – 何が起きているのか?

Yamada
| 1 min read

Sam Altman氏のOpenAI退社でワ

画像引用先:A screenshot, worldcoin.org

Sam Altman氏のOpenAIからの最近の退職発表がWorldcoinのWLDトークンの価値を急落させました。

CoinGeckoのデータによると、本稿執筆時点でWLDは1.86ドルで取引されており、過去1日で13%以上下落しています。

この下落は、WLDの過去最高値$3.30から42%の減少を示しており、その最高値は7月にWorldcoinがベータ版から登場したときに達成されました。

過去24時間で、WLDは1億4,100万ドルの取引高を記録し、その約40%はBinanceのWLDとether(USDT)の取引ペアによるものです。

Altman氏は、Max Novendstern氏とAlex Blania氏と共に2019年にWorldcoinを共同設立しましたが、彼の率直なコミュニケーションが不足していたとされる問題が理由で、OpenAIのCEO職から解任されました。

「取締役会は、彼がOpenAIをリードし続ける能力をもはや信頼していない」と、取締役会は金曜日のブログ投稿で発表しました。

興味深いことに、Sam Altman氏の退職にも関わらず、広範囲にわたるAIコインおよびトークンカテゴリーには大きな影響が見られないようです。

過去24時間で、CoinGeckoが定義するAIコインの時価総額は30%増加し、54億ドルに達しました。

Worldcoinは、サンフランシスコとベルリンに拠点を置くTools for Humanityによって開発された生体認証の仮想通貨プロジェクトです。

このプロジェクトは、ボットや偽のIDに対抗するためのWorld IDと呼ばれるメカニズムを通じて、オンラインでの人間のIDを認証することを目指しています。

ユーザーは、オーブ型のスキャナーで虹彩をスキャンすることでネットワークに参加し、その報酬としてWorldcoinトークンを受け取ります。これは、ユニバーサルベーシックインカムメカニズムに触発されたものです。

また、このプロジェクトのトークンであるWLDは、イーサリアムブロックチェーンを基盤としています。

Worldcoinは米国内で利用可能ではありませんが、その虹彩スキャニング用のオーブは、ニューヨーク、サンフランシスコ、アトランタを含むいくつかの州で展開されています。

Worldcoin、世界中で物議を醸す


Worldcoinは設立以来、批判と論争に直面しています。

昨年、MITテクノロジーレビューは、このプロジェクトが 「詐欺、労働者の搾取、現金配布 」によって最初の50万人のユーザーを獲得したと主張する記事を掲載しました。

さらに、イギリス、ドイツ、フランス、そして特にケニアを含む各国政府は、プライバシー、セキュリティ、財政的な影響について懸念を示し、ケニアはWorldcoinの登録を一時停止さえしました。

昨年8月には、ナイロビの警察がケニアの首都にあるWorldcoinの倉庫に対して、さまざまな機関の職員と協力して踏み込んだという報告がナイジェリアで表面化しました。

当時、国はWorldcoinの活動の合法性を徹底的に調査し、収集されたデータとその提案された利用の安全を守ることを目指していると述べていました。

同様に、アルゼンチンの情報公開庁(AAIP)は、南米諸国におけるデータ収集の合法性を判断するため、ワールドコインに対する調査を開始した。

これらの課題にもかかわらず、Worldcoinは2023年7月にベータ版から正式にローンチしました。