17 5月 2022 · 0 min read

海外在住のロシア人による、Binance(バイナンス)から資金を引き出せないとの声

出典:Adobe / Rechitan Sorin

 

ロシアのユーザー - 侵略国家ロシアに位置していない人でも - 暗号取引所Binanceの使用に問題があることを訴えています。

テレグラムをベースにしたロシアの金融ニュースチャンネルBankstaは、Binance取引所が「居住国に関係なくロシア人を罰することを決定した」と報じました。それは、「もし(あなたが)ロシア人なら、[...]国際銀行への送金は不可能だ」と書いています。

同チャンネルは、ロシア語を話すBinanceのスタッフと顧客との間で交わされたチャット会話とみられるスクリーンショットも公開しました。当該顧客はアラブ首長国連邦の居住者であると主張していますが、Binanceのスタッフは、この顧客のケースで送金がブロックされた理由は、顧客がBinanceに最初に登録した際、居住国として「ロシア」を選択したためであると回答しているようです。

先月、Binanceは、ロシアのウクライナ侵攻により、10,400米ドル以上の暗号資産を保有するすべてのロシア国民、ロシア住民、同国に拠点を置く企業は、同社のプラットフォームでの入金と取引が禁止されると発表しています。しかし、取引所は-当時-、海外に住むロシア人の場合、住所確認チェックを終えていれば、その新しいプロトコルは適用されないと述べていました。

ロシアのメディアであるBFMは、Crypto-A CEOのAlena Narignani氏の発言を引用し、ユーザーは資金を移動させるための回避策を見つけることができると述べました - すなわち、ノンエクスチェンジのウォレットに暗号資金を引き出し、次にこのウォレットを使ってfiatへの移動を実行することです。しかし、この場合、手数料がより多くかかると彼女は付け加えました。

しかし、弁護士でRussian Association of Cryptocurrency and Blockchainの共同代表のAlexander Treshchev氏は、取引所は潜在的な抜け穴を塞ぐ可能性が高く、ロシア人の「生活の複雑化」と「お金の使用能力の制限」を目的とした制裁の精神に最終的に従うだろうとの見解を示しています。

Treshchev氏は、取引所がすでに「対ロシア制裁に関連するあらゆる政府機関の指示に従う」と述べていることを指摘しました。

____
詳しくはこちら: 
- Putin Bids to Create New International Settlements Platform, Reform Foreign Currency Rules
- Ukraine's New Fundraising Platform Supports Over 100 Cryptos

- Binance Bans These Kremlin-Linked Users as Russia Keeps Killing Ukrainians and Sanctions Mount
- Ukraine Doubles Down on Crypto-Friendly Regulation Efforts, Aims for Top Spot