ロシアの「仮想通貨の女王」、ウクライナにコインを送った疑い

bitmama2

画像引用先:bitmama888/Instagram

ロシアの警察は、Bitmamaとして知られる「仮想通貨の女王」と呼ばれる「仮想通貨インフルエンサー」が、ウクライナの軍事支援のためにトークンを送った可能性があると考えています。

Valeria “Bitmama” Fedyakina氏は、ある「知人」が彼女を詐欺の容疑で告発した後、9月に警察に拘留されました。

彼女は現在も拘留されており、とあるニュースネットワークは、おそらく彼女が予審拘禁センターにいるところを示す画像を公開しました。

bitmama

画像引用先:SHOT/Telegram/Screenshot

TelegramをベースにしたニュースチャンネルのSHOTおよびNews.ruによると、妊娠7ヶ月目のこのソーシャルメディアインフルエンサーは、自宅軟禁への移行を裁判所に求めました。

しかし、彼女のこの要求は拒否されました。

彼女はUAEの居住許可証を持っているため、警察は彼女を逃亡リスクと見なしています。

モスクワ市裁判所の一支部は、彼女が11月15日まで拘留されることを決定。

名前を明かしていない「知人」は、Fedyakina氏が自分を騙して約7,000万ドルを手渡させたと警察に伝えました。

しかし、警察は28歳でウクライナ出身のFedyakina氏が、このお金を横領したと考えていると報告されています。

警察は、Fedyakina氏が受け取ったお金の「一部」をウクライナ軍に送金したと考えていると、ニュースでは報じられています。

また、彼女が他の2人の個人から約770万ドルを受け取り、「レーダーから消えた」ことについても警察は考えています。

そして、これら3人全員が、UAEの不動産に投資するためにそのお金を使いたいと述べたとされています。

ロシアの「仮想通貨の女王」の弁護士、彼女は「ウクライナを支持しない」と発言


Fedyakina氏は、銀行の制限を受けることなく、暗号通貨を使用して海外に資金を送金できる制裁回避の名人として自己を位置づけていました。

彼女は、自身を「仮想通貨の女王」や「仮想通貨取引所の女王」と呼んださまざまなメディア記事を祝福しました。

投資家たちは、“Bitmama”が彼女にお金を渡せば、投資額に加えて1%の利益を上乗せして返金すると言ったと述べています。

メディアは、Fedyakina氏の法律チームが、彼女が実際にはロシアのウクライナにおける「特別軍事作戦」を「支持」しており、実際には「[ロシア]軍に資金を寄付する準備ができている」と述べていると引用しています。

弁護士たちは、Fedyakina氏が釈放されない場合、出産後に子供と引き離されることになると主張。

また、法的チームは彼らのクライアントが陥れられていると主張し、彼女が「クライアントを代表してお金を引き出した」が、決して返済されなかったと述べています。

ロシアの法執行機関は、ウクライナへの疑わしい暗号通貨の寄付者に襲い掛かり、犯罪者には重い罰が科されています。

6月には、極東地域のハバロフスク地方の市民が、FSB(ロシアの情報サービス)に拘束され、ウクライナ軍にコインを送ったとされる容疑で反逆罪に問われました。