ロシア企業、CBDCの試験運用でデジタルルーブルの利用が加速

rus-0310

画像引用先:Tatiana_Gracheva/Adobe

ロシアの企業は、国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタルルーブルを利用し始めています。

SPB IT RUの報告によれば、国営のSirius Innovation Science and Technology Centerは、法人用デジタルルーブルウォレットを開設しました。

同センターは既にそのウォレットを使って、ビジネス関連の取引を「成功裏に実施」しています。

このセンターは、大統領府の指揮下にある国営のIT研究・トレーニング施設です。

tqnky1e3k4hmyperebvehqjoq

画像引用先:Kremlin

報道機関によれば、同センターはVTB銀行が開発した遠隔オンラインビジネスバンキングプラットフォームを使用し、ウォレットを作成。

その後、センターはこのウォレットを使用して、国内で初の顧客対企業(C2B)支払いの一部を実行しました。

さらに多くのロシア企業がデジタルルーブルの使用に乗り出す?


Siriusは、国営の通信・デジタルサービスプロバイダーであるRostelecomがデジタルルーブルウォレットを開設してから数週間後に動き出すでしょう。

通信会社は、VTBプラットフォームを使用してウォレットを開設し、これを使用してC2Bビジネスを行ったとも述べています。

CnewsはRostelecomの副社長で最高財務責任者(CFO)であるSergei Anokhin氏の言葉として以下のように引用しています:

“VTB銀行のデジタルパートナーとして、我々はデジタルルーブルの機能をテストした最初の企業の一つでした。デジタルルーブルでの初の取引は成功でした。”

また、VTBの上級副社長であるAlexander Botsiev氏は次のように語っています:

“我々のVTBリモートバンキングシステムのインターフェースは、企業がこの新しい形の国家通貨を効果的に利用することを可能にします。”

さらに、Siriusの関係者は以下のように述べました:

“中央銀行およびその他の関係者と協力して、(CBDCの)開発と実装を進めることを嬉しく思っています。”

640px-bank-in-nakhodka

画像引用先:Peruanec

9月初めに、Yekaterinburg市の美容室が、DeloBankのバンキングプラットフォームを使用してデジタルルーブルでの支払いを受け付けた、ロシアの最初の商人の一つとなりました。

別の銀行であるPSBは以前、クライアントの一人が「デジタルウォレットを開設」し、アプリで生成されたQRコードを使用して「サービスの支払いを行う」のを支援したと主張していました。

現在、11の都市に住む約600人の市民がこのコインを使用しており、来年初めには多くの銀行がパイロットプロジェクトに参加する予定です。