タイ王立警察、Binanceの支援で詐欺師から2億7,700万ドルを押収

crypto

画像引用先:Pexels

タイ王国警察の一部門であるサイバー犯罪捜査局(CCIB)は、インターネット詐欺師からのデジタル資金277百万ドル(現地通貨で約100億THB)押収に成功したことを発表。これはすべて、Binance取引所との協力のおかげだといいます。

Binanceのプラットフォームで共有されたブログ投稿によれば、取引所の調査チームが警察に追跡に必要な詳細を提供できたと述べています。また、彼らは暗号ハイジャックに関与する5人の犯罪者を逮捕しました。

「Trust No One」とコードネームされたこの摘発は、Binance取引所とアメリカ国土安全保障調査(HSI)の役人からタイ王国警察が受けた広範な支援のおかげで、大きな成功を収めました。

これらの外国機関から提供された情報を手がかりに、タイ王国警察は犯罪者から豪華な車、家、土地、その他の高級品を取り戻しました。

タイ王国警察のThanatus Kangruambutr中尉は、暗号詐欺の増加を嘆いています。

Kangruambutr氏によれば、この増加は詐欺師が違法に資金を得るために使用する戦略を知らない、いくつかのタイ投資家に財政的破綻をもたらしています。

共同作戦の成功を受けて、3,200人以上の被害者が関連機関に補償請求を提出しました。

Binanceチームが詳細を提供したところでは、詐欺師たちは「豚の屠殺」詐欺と呼ばれるものに関与していました。

この詐欺は、初心者の投資家を対象としており、彼らの信頼を得て疑わしい投資プラットフォームに暗号資産を預けるように働きかけます。

預金が確定すると、プラットフォームは利用できなくなり、詐欺師は盗まれた資金を持ち去ります。

Binanceの英雄的行為、SECに感銘を与えず


Binanceは、犯罪者を逮捕するための権限を支援する、貴重な情報を提供してきた実績があります。

同取引所は、タイ王国警察が国際犯罪シンジケートを摘発し、当時約1,600万THB(440,000ドル)を取り戻すことを可能にする重要なパートナーでした。

Binanceはまた、タジキスタン国立銀行の金融監視部門とTRM Labsを支援し、イスラム国のホラサン・プロヴィンス派閥のテロリストのメンバーを特定し、位置を突き止めました。

これらの個人は、シリアから中央アジアにかけて運営する国際テロリストシンジケートを資金提供するために暗号通貨を使用していました。

しかし、特に米国では、金融規制当局との関係は全くスムーズではありませんでした。

Binanceは、米国証券取引委員会(SEC)の規定に違反したとして創設者のChangpeng Zhao 氏を規制当局のトップが告発したことを受けて、同委員会と対立しています。

最近の報道によると、Binanceとその創設者は、国内で不正競争と未登録の金融商品の提供・販売を理由に集団訴訟に直面しているといいます。

しかしながら、Binanceはこれらの容疑を否定し、その運営は政府機関の管轄外であると述べています。