Robinhood、暗号資産投資へのボーナスを約束する新しいデビットカードを発表

| 1 min read
Source: blog.robinhood.com

 

顧客獲得競争が激化する中、米国のオンライン取引プラットフォームRobinhoodは、暗号資産ボーナスを含む様々な特典をユーザーに提供する新しいキャッシュカードを展開し、プラットフォームの顧客にはウェイティングリストが用意されています。

「キャッシュカードは、デビットカードの顧客に、かつてクレジットカードの所有者のために予約されていたのと同じ利点と報酬を与えることによって、すべての人のための金融を民主化するという私たちの使命に基づいています」と、プラットフォームは述べています

同社の最新の商品は、サットン銀行が発行するプリペイドカードで、決済大手マスターカードからのライセンスに基づくものです。Robinhoodは毎週のボーナスで顧客を引き付け、ユーザーが暗号資産を含む様々な資産に資金を投資するよう促すことを目的としています。

同プラットフォームによると、同カードのユーザーは、毎週のラウンドアップで10%~100%のボーナスを獲得することができ、Robinhoodの顧客が選択した株式や暗号資産に投資することが可能になるとのことです。

ラウンドアップは週単位で100米ドル、ボーナスは週単位で10米ドルが上限となります。

Robinhoodによると、「証券口座の株式と暗号資産口座の暗号資産に給料の定期的な投資を選択するオプションがあります」とのことです。

事業者は、Robinhoodキャッシュカードは、月額手数料、ネットワーク内のATM手数料、および当座貸越手数料が無料であり、そのユーザーは最低残高を維持する必要がないことを約束します。

コインベースなどのライバルも独自のデビットカードを発売しています。暗号資産取引所のCoinbase Cardは、ユーザーの暗号資産建て口座から資金を調達するVisaデビットカードです。

別の大手取引所であるBinanceもVisaデビットカードを提供しており、この商品で購入したすべての対象商品に対して最大8%のキャッシュバックを約束しています。

過去1年間、Robinhoodは、より多くの暗号資産ユーザーを同社のプラットフォームに誘い込むことを目的とした数多くの機能を発表してきました。例えば、昨年9月、同社は暗号資産の定期的な投資を展開することを発表しました

____

Learn more: 
Robinhood is Turning its Attention to International Expansion
Robinhood Defeats Claims It Wrongly Blocked Investors From Buying ‘Meme Stocks’ in 2021

First 1,000 Robinhood Customers Get Crypto Wallets
Robinhood’s Crypto Beta

Robinhood is Working On Crypto Gift Transfers – Report
Robinhood Launches Crypto DCA Feature As Competition Intensifies