Rippleの幹部とコミュニティがETHgate発言でCharles Hoskinson氏を非難

Rippleの幹部とコミュニティがETHgate発言で

画像引用先:a video screenshot, BitBoy Crypto/YouTube

Rippleの最高技術責任者(CTO)であるDavid Schwartz氏は、Charles Hoskinson氏が証券取引委員会(SEC)のEthereum(ETH)に関するコメントを、他のプロジェクトよりも弁護していることに反論しました。

デジタルアセットサークルで「ETHgate」として広く呼ばれているこの問題は、SECがRipple(XRP)に対して提起した訴訟と、多くが委員会の管轄下で証券と見なされる可能性があるaltcoinsに対する規制強化を受けて勃発しました。

この論争は、SECディレクターであるWilliam Hinman氏がEthereumが証券でないと主張している、人気のあるHinman文書の草稿がリリースされた後に高まりました。

10月8日、Cardanoの共同創設者であるCharles Hoskinson氏は、AMAセッションでETHgateの陰謀論について発言。それに関する証拠はなく、当局の行動は腐敗に基づいていないと主張しました。

彼は腐敗から行動を距離を置き、これらの出来事を好意的なものと表現し、それが広いコミュニティからの反発を引き起こしたと語っています。

“その活動は腐敗を前提としていません、ただのえこひいきです…これはインターネットが機能する方法であり、今は修正できません。”

Hoskinson氏はさらに、EthereumとRippleのビジネスモデルを区別し、後者が異なる顧客を対象としており、スマートコントラクトがないと付け加えました。

「それは、Ethereumを有価証券でなくするというあなたの目標全体を薄めてしまいませんか?これから起こるXRPがそんなに怖いですか? 本当にそれを信じますか? もしそうなら、あなたは私の考えでは狂った人間です」と彼は付け加えました。

最後に、彼はこれまで、ETHgateの支持者は、当局間のいかなる疑わしい腐敗に関してもメールや会議の証拠を何も持っていないと述べました。

Schwartz氏とコミュニティの反応


Schwartz氏は、もし政府の行動が人々の利益のための贔屓を構成しているならば、それは腐敗と見なすことができるとして、Cardanoのエグゼクティブの思考の流れを批判しました。

“私は、政府のアクターが自分自身とその友人たちの個人的な利益と一致して贔屓を見せることは腐敗だと主張します”

特に、XRP Armyとして知られるクリプトコミュニティのメンバーたちは、Schwartz氏をX(旧Twitter)のコメントセクションでサポートし、イベントを「紛れもない腐敗」と呼びました。

また、Hoskinson氏のEthereumでの在籍時に関する他の陰謀論も提起され、彼が隠し事を持っている可能性があると主張。

Hoskinson氏はEthereumの8人の創設メンバーの中の一人であり、他の創設者たちとの不和を経て、2014年にCardanoを設立する前に、一時期同社の最高経営責任者(CEO)を務めていました。

最近、Hoskinson氏はメディアを批判。なぜなら、メディアはFTXの元CEOであり、現在は困難に直面しているSam Bankman-Fried氏に対してフリーパスを提供しており、彼の同情者が、取引所の崩壊に至る一連のイベントの物語を押し進めているからです。