Republikの600万ドルの資金調達で、Web3クエスト評価額が7,500万ドルに上昇 – 仮想通貨ファンディングが復活か?

Yamada
| 1 min read

Republikの600万ドルの資金調達で、Web3クエスト

画像引用先:Adobe/JulMay

Web3ソーシャルメディアのスタートアップRepublikは、600万ドルのシード資金調達ラウンドが無事終了し、評価額が7,500万ドルになったと発表しました。

この投資ラウンドには、OKX Ventures、6th Man Ventures、Arcane Ventures、CMS Holdings、Comma3 Ventures、Define Ventures、Enjin、FBG Capital、HTX Ventures、Mirana Ventures、Oracles Investment Group、Signum Capital、Sora Ventures、およびUOB Venture Managementを含む、主にアジアのベンチャー投資家がいくつか参加しました。

この財政的支援は、Republikのプラットフォームをさらに強化する上で重要な役割を果たすことになるでしょう。また、プラットフォームは新しいインタラクションモードを促進し、ソーシャルメディアインフルエンサー向けの最先端Web3クリエイターツールをブロックチェーン上に構築することを目的としています。

RepublikのCEOであるDaniel He氏は声明の中で、同社の今後の計画に対する興奮を次のように表明しました。

「あまりにも長い間、個人は最小限の報酬で既存のプラットフォームに時間、創造性、注意力を注ぎ込んできました。Republikは、コミュニティの価値の公正かつ公平な分配を確保することで、これに革命を起こそうと決意しています。」

また、CEOは次のように付け加えました。

“私たちのビジョンを共有してくれる投資家や、コミュニティ所有のプラットフォームの開発に積極的に貢献してくれるパートナーがいることに興奮しています。”

従来のソーシャル メディア プラットフォームとは対照的に、RepublikはWeb3テクノロジーの可能性を利用して、オンラインインフルエンサーやコンテンツクリエイターの収益化プロセスを合理化。同時に、クリエイターが負担するコストを大幅に削減します。

このアプローチにより、クリエイターは収益の大部分を保持できるようになり、ユーザーとの対話、紹介、クリエイターのサポートに対してトークンベースの報酬システムが導入されます。

また、このスタートアップは、RPKとして知られる自由に取引されるトークンを発行することを計画しています。