国税庁が暗号資産の賭け金に対する課税を行わないとの報道により、米国で法的混乱が発生、英国の税務当局も独自のガイダンスを更新

Tim Alper
| 5 min read
Source: AdobeStock / Aevan

 

米国の税務機関であるアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が、ある夫婦のテゾス(XTZ)暗号賭け金に対する税金を返金するとされる訴訟について各メディアが報じ、米国で法的混乱が起きています。しかし、ある著名な弁護士は、新たなランドマークとなる可能性があるとするこの事件の報道は「クリックベイト」に等しいとし、また他の弁護士は、これは前例を作らないための和解である かもしれないと警告しています。

メディアBlockworksはこの事件の “スクープ “を得たと主張していて、Forbesも同様の報告をしています。裁判資料は木曜日に公開される予定で、IRSはナッシュビルに住むカップルに所得税3,293米ドルと法定利息を返還することになったと二社は報じています。ジョシュア・ジェレットとジェシカ・ジャレットという名前のこの夫婦は、賭け事で得たXTZ 8,876に対して前述の金額を支払うことを強要されていました。

この夫婦は支払いを済ませたものの、その請求に異議を唱え、昨年5月に民事裁判所に提訴しました。その際、PoS(Proof of Stake)方式で得たトークンは、従来の「収入」ではなく、「財産」という「新しい」形であり、「容易にアクセスできる形態の富」に変換されない限り、IRSの目から見て「課税対象事象は発生していない」と夫妻は主張しました。

しかし、この混乱は、今日遅くまで公表されない予定のIRSの回答で生じたようです。Blockworksは、IRSがジャレット夫妻に「返金を申し出た」と主張しており、これは正式な裁定ではなく、法的な和解のように見えます。

同メディアは、この “決定 “は、「ステークされた暗号通貨の税務上の取り扱いを明確にするために設定された 」と付け加えています。

この決定は、「暗号通貨のステーキングとマイニングをする人のための勝利 である」と主張しています。

しかし、一部の弁護士は、メディアアウトレットがIRSが意図した以上の動きを読み取ることに過度に熱心であったかもしれないと示唆しています。彼らは、このような「返金」の「申し出」は、判決ではなく、事実上和解の申し出であると指摘しています。そのため、判例としての地位がない可能性があります。

実際、暗号税の専門家であるTokenTaxは、IRSが実際に前例を作るのを避けるために和解することに決めたかもしれないと主張しました。

いろいろな情報が入ってきています。これは裁判の判決ではなく、実際には一回限りの和解のようです。前例となる判決が下されるのを避けるために行われることが多いようですが、新しい情報はまだ出てきています。

– トーケンタックス (@TokenTax) 2022年2月3日

一方、ジョシュ・ジャレット氏はTwitterで、税務機関から本当にオファーを受けたことを確認し、一見「素晴らしいニュースのように思えた 」が、政府は彼らが賭け事を通して受け取ったトークンが “課税所得 “であるとする立場を変えたくないことを示していると指摘しました。

しかし、彼はIRSからの申し出を「拒否」し、こう説明しました。

「私のケースが正式な判決を受けるまで、彼らが再び私に課税しようとしないという確信がないことは分かっている」と説明しました。

ジョシュ・ジャレットはまた、彼の弁護士が司法省(DoJ)の税務部門に提出した手紙のコピーも公開した。その弁護士はこう書いています。

「この問題は、その後の課税年度でジャレット家に再び発生するため、たとえ提示された還付金を受け入れたとしても、リスクは残る。注目すべきは、(司法省の税務部門が)法律事務所との電話会談で、IRSはまだジャレットのためにいかなる返金処理も行っていないと述べたこと。したがって、ジャレット氏は提示された還付金を拒否し、法廷で自分たちの権利を主張し続けるつもりである。

ブロックチェーン協会の執行副社長兼政策責任者であるジェイク・チャービンスキーは、ジョシュ・ジャレットの「我々全員にとって拘束力のある前例を求める」という入札は賞賛に値すると答え、「ジョシュと彼の弁護士団」は “善戦 “していると付け加えました。

ここから得られる教訓はいくつかある。

1つは、暗号の政策集団の力が高まっていることです。ジョシュに加え、Proof of Stake Alliance(@alliance_pos)のような組織にも、この一歩を踏み出すことができたことに感謝したい。

もう1つは、時には政府を訴えることも必要だということです⚖️。

– ジェイク・チェルヴィンスキー (@jchervinsky) 2022年2月3日

また、ワシントンに拠点を置く暗号ロビー団体Coin Centerは、このケースは単にプルーフ・オブ・ステーク検証者にとってポジティブな展開と解釈されるべきではなく、ビットコイン(BTC)マイナーにとっても良いニュースであると強調しました

「ブロック報酬は、農作物、鉱物、家畜、美術品、組立式ウィジェットのように課税されるべきです。

「IRSは、特に何百万人もの納税者に影響を与える可能性のある、非常に基本的な法律の点で、法廷に跪くことはないのです。それは、彼らが負けたことを意味する。公正な税務行政とアメリカのイノベーションのために、IRSがこの件を迅速に処理し、ステーク報酬は課税対象ではないという明確なガイダンスを示すことを望みます」とProof of Stake Allianceの理事兼事務局長代ĩ02;のAlison Mangiero{99;述べています。

英国税務当局の最新情報

一方、英国では、同国の税務機関であるHer Majesty’s Revenue and Customs(HMRC)が、分散型金融(DeFi)の融資やPoSネットワークでのステーキングによるリターンの課税に関するガイダンスを更新しました

リターンは資本とみなされるか収益とみなされるかによって課税され、さらに取引の仕組みによって異なると、規制当局は述べています。この分野の性質や “様々な運営モデル “のため、「答えは必ずしも明確ではない」と認めています。

税務規制当局は次のように述べています。

“DeFi “を通じたトークンの貸し出し/ステーキングは常に進化している分野であるため、貸し手/流動性供給者がその活動からリターンを得る状況やその性質についてすべて規定することは不可能である。その代わり、いくつかの指針が示されています。”

デジタル資産の業界団体CryptoUK声明で、このアップデートは “これらの資産の分類と扱いを大きく変えるだろう “と述べています。彼らは、政府や他の規制機関のアプローチと異なるため、このアップデートは一貫性がなく、”暗号投資家の摩擦、[…] 消費者の過度の報告要件、[…] 税務コンプライアンスの混乱 “をもたらすと説明しました。

CryptoUKのエグゼクティブディレクターであるIan Taylorは、次のように述べています。

「暗号の貸し出しとステーキングに関するこの扱いは、暗号投資家にとって不必要な負担となります。彼らは今後、貸した資産の詳細を確定申告に含める必要があり、個人が何百、何千もの取引を報告しなければならないような追加報告を行わなければなりません。これは、Brexit後に英国が投資とイノベーションの目的地としてオープンで魅力的であるために政府が表明した目的とかけ離れたものです。」

____

詳しくはこちら:
Crypto Tax Trends in 2022: Increased Reporting, Updated Rules, and a Wealth Tax Debate
IRS Says It Is Fighting ‘Mountains’ of Crypto & NFT ‘Fraud’ and Celebrity Shills

Romania, Latvia Mull Changes To Crypto Regulations, Taxes
India Fuels Crypto Legalization Hopes With Tax Plans, WRX Skyrockets

South Korean Presidential Candidates Pledge Lower Taxes for Crypto Traders, End to ICO Ban
Crypto Anonymity Must End, States Top Russian Policymaker
__
(Updated at 15:53 UTC( with additional comments from Josh Jarret, Jake Chervinsky, Coin Center. Edits made for space and clarity. Updated at 15:57 UTC with a comment from Alison Mangiero.)