有名高級ブランドGucci (グッチ)、米国でビットコインとイーサリアムの決済を開始

出典:AdobeStock / eyewave

 

イタリアの高級ブランドであるGucciは、今月末までに米国内の5つの主要店舗で暗号決済を受け付け、今夏までに北米の全直営店に試験導入を拡大することを目指しています。

Vogue Businessの報道によると、Gucciは、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ラップドビットコイン(wBTC)ライトコイン(LTC)、人気ミームコインのSHIBA INU(SHIB)ドージコイン(DOGE)、複数の米ドルペッグステーブルコインといった人気の暗号資産、10種類以上のコインで支払いを受け入れる予定だそうです。

報告書の詳細には、店舗での暗号支払い用に顧客に電子メールでリンクが送られ、リンクにはユーザーが暗号資産用財布からの支払いを実行できるようにするQRコードが含まれていることが記載されています。Gucciは、支払いが処理された後、暗号を不換紙幣に換金します。

ニューヨークのウースター・ストリート、ロサンゼルスのロデオドライブ、マイアミのデザイン地区、アトランタのフィップス・プラザ、ラスベガスのショップス・アット・クリスタルズが、暗号決済メカニズムを採用する最初のGucci5店舗であると報道されています。

Gucciの社長兼CEOであるマルコ・ビッザーリ氏は、「新しいテクノロジーがお客様に優れた体験を提供できるのであれば、常にそれを取り入れたいと考えています。」と声明で述べ、次のように付け加えました。

「今、私たちは暗号通貨を弊社の決済システムに取り入れることができ、この方法を希望されるお客様にとってこの取り組みは自然な流れと言えるでしょう。」

Gucciは、Web 3テクノロジーのいち早い採用企業としての地位を確立している数少ないブランドの一つです。この高級ブランドは、2022年にこれまでに2つのnon-fungible token(NFT)コレクションを発表しています。2月には「SUPERGUCCI」コレクションを発表し、その後3月には「Gucci Grail」コレクションを発表しています

また、2月にはメタバース「The Sandbox(SAND)」の未公開のバーチャルランドを購入し、「独自のバーチャルワールド」を構築しています。

そしてつい先日、GucciはGucci Vault Discordサーバーを通じて、2つのNFTプロジェクトのいずれかを所有する人は、Gucciコレクションの予約に特別アクセスできることを発表し、Gucci NFT所有者と現実世界の商品とを結びつける動きを見せています。

____

詳しくはこちら:
- 'Anything is Possible in Metaverse': Decentraland's Fashion Week Attracts 60+ Designers, Brands & Artists
- 232 Wikipedia Users Force the Online Encyclopedia to Ditch Bitcoin, Ethereum, and BCH Donation Options

- Robinhood Opens Crypto Wallets to 2M Clients, Bets on Global Bitcoin Remittances
- Lightning Network Adoption at Exchanges is Growing: This is Why It’s Good for Bitcoin

- More Big-hitting South Korean Non-crypto Firms Eyeing Token Launches
- Chinese Man Uses Digital Yuan to Pay Court-issued Fine in Legal First