難易度が大幅に低下するビットコイン・マイナーに救いの手を

Sead Fadilpašić
| 2 min read

ビットコイン(BTC)の採掘難易度が急激に低下し、1月の水準に近づきつつある一方で、コイン価格は年初来大幅に上昇しており、マイナーにとっては朗報となっています。

出典: Adobe/tsuguliev

マイニングプールのBTC.comがUTC7:17に試算したところによると、ビットコインのマイニング難易度(採掘報酬を獲得するための競争の難しさを示す指標)は、1日で11%以上低下する見込みです。

この低下には3つの理由があります:

  1. 難易度が上昇していた今年の1月以降で最も低い20.88Tまで下がることになる。
  2. この1年間、正確には2020年4月に入ってからは、9回しか落ちていない。今回の下落は、11月の16%の下落に次いで、ネットワーク史上2番目に大きな下落となります。
  3. 難易度が大幅に下がるのと同時に、ビットコインの価格は年初来ずっと高い水準を記録しています。1月1日、BTCは30,700米ドルで取引されていました。それ以来、価格は史上最高値を次々と更新し、本稿執筆時点では54,444米ドルと、4か月で77%の上昇を記録しています。

難易度が上昇していた今年の1月以降で最も低い20.88Tまで下がることになる。
この1年間、正確には2020年4月に入ってからは、9回しか落ちていない。今回の下落は、11月の16%の下落に次いで、ネットワーク史上2番目に大きな下落となります。
難易度が大幅に下がるのと同時に、ビットコインの価格は年初来ずっと高い水準を記録しています。1月1日、BTCは30,700米ドルで取引されていました。それ以来、価格は史上最高値を次々と更新し、本稿執筆時点では54,444米ドルと、4か月で77%の上昇を記録しています。

ビットコインの採掘難易度は、通常の10分間のブロックタイムを維持するために、約2週間ごと(つまり2016ブロックごと)に調整されます。4月29日の7日間の単純移動平均ブロックタイムは10.8分でした。

BitInfoCharts.comによると、ネットワークの計算能力であるハッシュレートは再び上昇に転じている。7日間の単純移動平均のハッシュレートは、4月16日から4月23日の間に21%も急落しました。4月29日には139.35 Eh/sとなり、16%上昇しています。

出典: bitinfocharts.com

一方、ByteTreeによると、過去5週間、マイナーは保有していたコインよりも多くのコインを消費しています。採掘業者は通常、市場の弱さの中で在庫を積み上げ、強さの中で売る。

出典: terminal.bytetree.com, 08:49 UTC

____

詳しくはこちら: 
プルーフ・オブ・ビットコインが必要 評論家と競争相手が一体となって気候カードを使うために
ビットコイン・マイニングの環境への影響を考える
米ビットコイン・マイニング大手、6億5100万ドルの契約で新たに登場

自前の発電所を持つビットコイン・マイナーがNasdaq上場を目指す
ビットコイン・マイニングは中国の非暗号企業のサイドベンチャーになる
サトシ・ナカモトはどのようにしてビットコイン・マイニングを擁護し、懐疑的な人を改心させたのか?

2021年のビットコイン・マイニング。成長、統合、再生可能エネルギー、そして規制
プルーフ・オブ・ディスアグリーション ビットコインの作業とイーサリアムの予定されたステーキングとの比較