評判の回復: 暗号業界は法律とコンプライアンスの専門家を求めている

暗号業界は法律とコンプライアンスの

画像引用先:Bybit

暗号通貨業界は、FTXの崩壊、詐欺の疑惑、およびその他の高プロファイルな企業の衰退を含む主要な課題に対処しています。

これにより、特に増加している規制の精査と業界の傷つけられた評判のため、暗号セクターで法律およびコンプライアンスの専門家が必要とされています。

実際、コンプライアンスの専門家を雇うことは、暗号通貨企業にとって、過去一年間に業界が直面した評判と財務の打撃のため、困難な課題となっています。

しかし、これらの専門家が持ち寄る専門知識は、セクターの損なわれた評判を再構築する上で重要な役割を果たすことができます。

「業界には現在、非常に強い汚名が付いています」と、非営利団体HBAR Foundationで法律チームのメンバーを採用する責任者であるJorge Pesok氏はThe Wall Street Journalに語りました。

“[候補者たちは]彼らが長期的なキャリアムーブを考えているため、今参加することをためらっています。それが賢明なアイデアであるかどうか、なぜなら一部の人々は痛い目に遭っているからです。”

過去、暗号通貨関連企業は法律やコンプライアンスの専門家を引き寄せるために高給、株式などの魅力的な福利厚生、そしてコンプライアンスプログラムを開発・実施する機会といったインセンティブを提供していました。

しかし、最近の暗号通貨市場の暴落により、この業界が才能を引き寄せる能力が著しく低下しています。

暗号通貨への参入を躊躇する法律専門家たち


暗号通貨分野での機会に最初は引かれた多くの専門家たちは、今ではその動きをためらっており、より安定したコンサルティングや主流の金融企業に戻っています。

過去1年間の出来事、Coinbaseでの解雇やBlockFiやCelsius Networkのような主要な暗号通貨アクターの倒産を含め、業界への熱意を損なわせています。

その結果、コンプライアンスのポジションの採用は依然として困難であり、候補者たちは暗号通貨産業の厳しい評判のため、従来の金融機関でのポジションを選ぶことがよくあります。

ブロックチェーンインフラ企業Paxos TrustのチーフコンプライアンスオフィサーであるCarolina Ceballos氏は、他の企業での解雇によりタレントプールが拡大しているにもかかわらず、コンプライアンス専門家を採用するのが困難であると認めました。

彼女はWSJに対して、Paxosが新しいスタッフを引き付けるために、コンプライアンスと卓越へのコミットメントに対して規制を最優先にしたアプローチを採用していると語ります。

一方で、2017年以来暗号通貨セクターで様々な法律の役割を務めてきたCathy Yoon氏は、最近の解雇にもかかわらず、人々が依然として業界に参加したり残ったりすることに興味を持っていると指摘。

しかし、候補者たちは今、過去1年間の倒産とスキャンダルの後、より長期の安定を求め、より慎重に行動しています。

採用の課題をナビゲートするために、候補者たちは仕事のオファーを受け入れる前により多くのデューデリジェンスを実施しています。

彼らは、企業内の内部承認プロセス、財務監督、および全体的な安定について探る質問をしています。

伝統的な金融技術企業での採用が拡大している一方で、暗号通貨コンプライアンスの採用ペースが今後数ヶ月間増加すると予想されています。

Brown氏は「過去9ヶ月間ぐらい、多くの規制上の圧力はなくなっておらず、多くのプロジェクトがコンプライアンスがビジネスにとってより重要になっていることを見ており、そのためにもっと採用が行われている」と述べました。

彼はさらに、Ripple LabsやCoinbaseなどの暗号通貨企業に対する最近の規制行動が「これらの役割を続けて採用する必要があるという見解を固める」と付け加えました。