14 7月 2021 · 2 min read

検察がBithumb社のオーナーを8800万米ドルの詐欺容疑で起訴

韓国の暗号取引所大手「Bithumb」の大株主であるイ・ジョンフン氏は、アルトコイン・トークンの上場問題で失敗したことをめぐり、8800万米ドルの詐欺罪で起訴されました。また、香港の投資家から民事訴訟を起こされる可能性もあります。

出典: Adobe/mehaniq41

Per Yonhap, domestic prosecutors have decided to press ahead with a case that began as a civil complaint to police from a group of investors. Back in 2018, the BK Group attempted a takeover of Bithumb, and was set to list the group’s BXA token on its platform. That listing never took place, despite Bithumb’s original assertions, leading to a massive fall in the token’s value.

The BK Group’s chairman Kim Byung-gun has been involved in a bitter struggle with Lee ever since. The former is believed to have used money raised from a pre-sale of BXA tokens to help fund the takeover bid, which ultimately collapsed with BK forfeited payments. Bithumb has been looking for a buyer since last year, with Lee keen to exit the crypto exchange scene. Lee was brought in for questioning by police in September last year following raids on the Bithumb headquarters.

The police also looked into Kim’s role in the matter after a group of investors also filed accusations against him. But, the news agency noted, prosecutors decided not to press charges against the BK chief, instead ruling that he too was likely “a victim of deceit” in the case.

A branch of the Seoul District Court confirmed the charges, which will now go to trial at an as-yet-unannounced date. But the court ruled that even though the size of the alleged fraud was high, prosecutors had not asked for Lee to be remanded in custody, as the Bithumb owner had “faithfully attended the investigation hearing” and had paid capital gains tax in a timely manner.

Meanwhile, in Hong Kong, two Bithumb subsidiaries could be hit with a civil action for “breach of contract,” reported the Korea Times, with “top executives facing criminal charges of fraud.”

The media outlet quoted a former Bithumb partner in Thailand as stating that a Hong Kong law firm named Prince’s Chambers was preparing to file lawsuits within the month following Bithumb’s decision last year to “unilaterally halt” its Thai operations.

The ex-partner claimed that Bithumb had had “no true intention to establish an exchange in Thailand” and “made empty promises from the start,” as part of an effort “to sell BXA coins by exaggerating the firm’s overseas presence.”

聯合ニュースによると、国内の検察は、投資家グループからの警察への民事告訴から始まった事件を推し進めることにしたという。2018年、BKグループはBithumb社の買収を試み、同グループのBXAトークンを同社のプラットフォームに上場する予定でした。その上場は、Bithumb社の当初の主張にもかかわらず行われず、トークンの価値が大幅に下落することになりました。

BKグループのKim Byung-gun会長は、それ以来、Lee氏との間で苦しい争いに巻き込まれています。前者は、BXAトークンのプレセールで調達した資金を買収の資金に充てたと考えられていますが、最終的にはBKが支払いを没収されて破綻しました。Bithumb社は昨年から買い手を探しており、Lee氏は暗号化取引所からの撤退を望んでいました。Lee氏は、昨年9月にBithumb社の本社を家宅捜索した後、警察に連行されて尋問を受けました。

また、投資家グループがキム氏に対しても告発を行ったため、警察はキム氏の役割についても調べた。しかし、検察は、BK社の社長を告発せず、彼もまた「騙された被害者」である可能性が高いと判断したと、同通信社は伝えています。

ソウル地方裁判所の支部では起訴が確定し、今後、未発表の日程で裁判が行われることになった。しかし、裁判所は、詐欺容疑の規模が大きいにもかかわらず、Bithumb社のオーナーが「捜査の審理に忠実に出席し」、キャピタルゲイン税を適時に支払っていたことから、検察は李氏の身柄の再拘束を求めていないと判断しました。

一方、香港では、Bithumb社の子会社2社が "契約違反 "で民事訴訟を起こされる可能性があり、"トップが詐欺の刑事告発を受けている "とKorea Timesは報じています。

同メディアは、タイのビッサム社の元パートナーの話を引用して、プリンス・チェンバーズという名の香港の法律事務所が、ビッサム社が昨年タイでの事業を「一方的に停止」したことを受けて、月内に訴訟を起こす準備をしていると述べています。

この元パートナーは、Bithumb社は「タイに取引所を設立する真の意図はなく」、「最初から空約束をしていた」と主張し、「会社の海外での存在感を誇張してBXAコインを販売する」ための努力の一環であったとしています。
____
もっと詳しく: 
- 韓国最大の暗号化取引所で売上と収入が急増
- BithumbはBTCアドレスブック混合の顧客に補償しなければならない-2018年の価格で
- 韓国の暗号取引所の幹部が2B米ドルの不正を懸念して逮捕される
- 南アフリカの「Exit Scam」で兄弟が36億米ドルのビットコインを持って消える