DOGEとSHIBに立ち向かうPoodl Inu、ミームコイン市場で頂点を目指せるか

Shunsuke S.
Shunsuke S. | 監修: Yamada
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

Poodl Inuのロゴとプロジェクトの概要

仮想通貨(暗号資産)市場には、日々多くの個性的なプロジェクトが発表されていますが、型破りなミームコインとして最近注目を浴びているのが、Poodl Inu(POODL、プードル)。

Poodl Inuは先月登場したばかりの新しいミームコインで、現在プレセールが行われています。本記事では、Poodl Inuプロジェクトの魅力と100万ドルの調達に成功したプレセールについてご紹介します。

Poodl INUは唯一無二のミームコイン


強気で独特なPoodlINUのキャラクター達

ミームコインに分類されるPoodl INUは、プードルの可愛さとは裏腹に、強気でユニークな性格を持つキャラクターとして市場で際立っています。

チームの狙い通り、Poodl INは市場で熱狂的な議論を巻き起こし、プレセール中にもかかわらず大きな注目を集めています。

公式サイトで「ドージコイン以来最高の犬(dopest dog since doge)」だと自称するPOODLは、ミームコインのニッチな分野で急成長するポテンシャルを秘めています。

Poodl INUプロジェクトの特徴として、魅力的なステーキング報酬(現在168%のAPY)や、結束力の強いコミュニティ、独特の美学があげられます。

POODLチームは、市場から批判を受けそうな「IDGAF(そんなこと知るか)」という強気な姿勢を示しており、Poodl INUを「堂々とした美しさ」のある「4本足の大波(tidal wave on four legs)」であると表現。

投資家は、POODLトークンを購入するとすぐにステーキング・報酬獲得が可能になるため、保有資産を活用してさらなる利益を得られます。

また、POODLトークンやプロジェクトに関する話題性を生み出すことで、POODLコミュニティの成長に貢献することもできます。

Poodl INUは、初期の時価総額が低く大きな成長余地があるため、犬ミームコインのトレンドを活性化させる先駆者として重要な役割を担う将来性が高く評価されています。

ここ数ヶ月で、様々なミームコインが話題に上がっていますが、Poodl INUプロジェクトも次の犬コインとして多くの投資家から選ばれています。

ついに100万ドルを突破したPOODLのプレセール


POODLのトークノミクス

Poodl INUのプレセールは先月始まりましたが、資金調達総額がついに100万ドルを突破し、プロジェクトは盛り上がりを見せています。本稿執筆時点では、1POODLあたり0.00073ドル。

チームは、POODLの知名度をさらに高めるため、大規模なグローバル・マーケティング活動を行う準備を進めています。

POODLトークンは、イーサリアムのブロックチェーン上で稼働しており、総供給量は69億。

公式サイトのトークノミクスを見てみると、 プレセールに50%、ステーキングに30%、DEXへの流動性に10%、マーケティング活動に残りの10%が割り当てられています。

また、プロジェクトは3つのフェーズに分けられた包括的なロードマップを作成・発表しており、フェーズ1では、POODLのプレセールとステーキングに焦点が当てられています。

次の段階となるフェーズ2では、活発なマーケティング活動とステーキング報酬の追加に加え、取引所でのPOODL上場が実施される予定です。

最終段階のフェーズ3では、エコシステムの成長とコミュニティの拡大が促進され、Poodl INUがミームコインというニッチな分野で優位性を確立することを目指します。

POODLは市場の予測を超える大きな成長余地があるため、一部の投資家たちは今後の動向を注視しています。

これまでのミームコイン・ブームに乗り遅れてしまったという方にとっては、高いリターンを得られるチャンスとなるかもしれません。

最後に


Poodl INUは、特徴的なプードルのキャラクターが仮想通貨コミュニティで大きな注目を集めており、今後の成長が期待されています。

POODLは、プレセール後にミームコイン分野で大きな存在感を示す可能性を秘めているため、興味のある方は公式サイトやプロジェクトのソーシャルメディアをチェックして、徹底的に調査を行なった上で、早期参入を検討してみてはいかがでしょうか。