28 5月 2022 · 0 min read

首相、Web3は日本の「経済成長」の好機と指摘

Source: AdobeStock / tawatchai1990

 

日本の首相が国会でWeb3について発言し、経済成長のきっかけになると主張しました。これは、日本ではプロビジネスの法改正が予定されている可能性をさらに示すものです。

日本のメディアCoinPostは、岸田文雄首相が昨日、衆議院の予算委員会で次のように述べたと報じました

「Web3時代の幕開けは、(日本の)経済成長を導くかもしれません。」

岸田氏が最近の英国訪問で行った「ブロックチェーン、ノンファンジブルトークン(NFT)、メタバース」に関する発言を受け、首相は公聴会で与党自民党の小倉正伸議員からの質問に答えました。

今月初めに英国を訪れた岸田氏は、潜在的な投資家に向けて、新たなサービスの創出を「促進する環境を作る」ための新たな「制度改革」について語りました。このサービスには、Web 3関連のインフラも含まれるといいます。

この件に関してさらに説明を求める小倉の問いかけに、岸田はこう説明しました。

岸田氏が最近の英国訪問で行った「ブロックチェーン、ノンファンジブルトークン(NFT)、メタバース」に関する発言を受け、首相は公聴会で与党自民党の小倉正伸議員からの質問に答えました。

今月初めに英国を訪れた岸田氏は、潜在的な投資家に向けて、新たなサービスの創出を「促進する環境を作る」ための新たな「制度改革」について語りました。このサービスには、Web 3関連のインフラも含まれるといいます。

この件に関してさらに説明を求める小倉の問いかけに、岸田はこう説明しました。

さらに首相は、このスペースで新しいスタートアップを育成することを目指し、海外の資本を呼び込もうとするハイテク企業への「支援」を約束し、日本のWeb3スペースを「投資先として魅力的なものにする」ことを約束しました。

これを実現するために、岸田氏は政府がスタートアップ・アクセラレーターを立ち上げ、海外のベンチャーキャピタルの誘致を支援し、さらには公的資本のバックアップも可能だと示唆しました。

与党内外の勢力は、このような政府の主張を積極的な行動で裏付けるよう求めています。たとえば、現在暗号資産関連の収入は申告上、雑所得に分類されている税法の改革が挙げられます。批評家たちは、暗号資産関連の収益をキャピタルゲイン税の課税対象とし、一律に課税する制度に切り替えるよう政府に求めています。

____

詳しくはこちら: 
- Japanese Opposition Leader Urges Crypto Tax Reform to Provide Nation with Web3 Boost
- Japanese Prime Minister Talks up Japan’s Web3, NFT Focus at Investors Summit

- Time to Appoint a ‘Minister of Web3’, Says NFT Policy-making Group of Japanese MPs
- Japanese Exchange to Become First Licence-holding Platform to List Dogecoin

- Japanese City to Launch Metaverse Project with Entertainment Industry Behemoth
- Japanese Automakers Toyota and Nissan Unveil Metaverse Plans