Phantomウォレット、App Storeランキングで3位に浮上

Naoki Saito
| 1 min read

AppStoreランキング上位に入ったPhantom

暗号資産(仮想通貨)ウォレットPhantom Walletはこのほど、Apple App Storeのランキング(米ユーティリティ部門)で3番目に人気のアプリとなった。

同ウォレットは、GoogleやGoogle Chromeに次いで3番目に位置しており、全部門においてはXやChatGPTに次いで32位にランクインしている。

アプリランキングは、ダウンロード数だけではなく、アンインストール数、アプリ利用率、レビューや品質などに影響する。

これを受け仮想通貨の投資家や評論家は、ソラナにとって強気の材料となる可能性があると推測した。

アクティブユーザー数700万人突破


同ウォレットは当初、ソラナ(SOL)ブロックチェーン専用のユーザーが秘密鍵を保管する自己管理型の仮想通貨ウォレットとして誕生した。

その後、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)といったブロックチェーンにも対応し、着実に普及率を伸ばしている。

同ウォレットは4月29日、月間アクティブユーザー数700万人を達成した。

大手仮想通貨ウォレットであるMetaMaskは2月、月間アクティブユーザー数1000万人を記録した。ユーティリティ部門においては、75位にランクインしている。

また、大手仮想通貨取引所コインベースが開発する仮想通貨ウォレットCoinbaseWalletは、同部門で288位にランクインしている。

イーサリアムを超える手数料収益が発生


ソラナ(SOL)ブロックチェーンは12日、1日あたりの収益でイーサリアム(ETH)ブロックチェーンを超えた。

両者の日間収益は、ソラナが約225万ドル、イーサリアムが約200万ドルとなっていた。

これは同チェーンが近年、ミームコインの取引が活発化し多くの手数料収入が発生していることが影響していると考えられている。

ただし同データは、イーサリアムのレイヤー2収益は含まれていない。