07 10月 2021 · 0 min read

フェートン社、RAWエネルギー社と共同で新たな統合エネルギー供給事業を発表

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

本日、フェートン社は、西オーストラリア州パースで開催された非公開のセレモニーにおいて、RAW Energy社との提携による新たな統合エネルギー供給事業を発表しました。両社は、それぞれの技術を組み合わせて、必要としているコミュニティに電力を供給するための統合的な再生可能エネルギーソリューションを構築しました。

フェートン社の再生可能エネルギーを利用したブロックチェーン技術は、サイドチェーンとスマートコントラクトの機能を活用し、フェートン社のブロックチェーンネットワーク上にスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームを構築します。サイドチェーンやスマートコントラクトを通じて、他社はマザーチェーンの機能や特性を継承した、独立したスケーラブルなアプリケーションを開発することができます。フェートンブロックチェーンは、このアーキテクチャを通じて、現代のテクノロジーに無限の応用をもたらし、ブロックチェーンに裏付けられた高速、安全、エネルギー効率の高いソリューションを提供します。

Phaeton社のCEOであるRon Forlee氏は、発表会で同社を、「利益よりも人を優先する」アプローチで、必要としているコミュニティに利益をもたらすブロックチェーン技術の開発会社であると説明しました。フェートンは、エネルギー効率の高い再生可能エネルギーを利用したブロックチェーンネットワークを開発することで、二酸化炭素排出量を増やすことなく、ブロックチェーンアプリケーションを増やすことを目指しています」。

「我々の目的は、持続可能な開発目標に沿って、カーボンフットプリントのネットゼロに貢献するビジネスソリューションを開発することです。Phaetonのサイドチェーン機能を使えば、世界中の起業家が再生可能エネルギー消費に基づくエネルギー効率の高いソリューションを構築できるようになります。これが、当社がRAW energy社と提携して、コミュニティ住宅や地元企業のための統合エネルギーシステムを開発すると同時に、当社のデータセンターの機器に電力を供給する理由です』と付け加えました。

RAW energy社は、再生可能エネルギー、企業金融、不動産開発のプロの専門家集団です。同社は、実用規模のエネルギー資産の開発に重点を置き、ハイブリッドおよびスタンドアロンのエネルギーソリューションのためのエネルギー開発で利害関係者を結びつけています。今回のプロジェクトについて、ディレクターのマーク・イムリーは、西オーストラリア州の地方自治体での展開を予定していると説明しています。まずは、西オーストラリア州で11MWの組み込み型ネットワークプロジェクトを実施します。その後、パースの南にある多国籍企業の製油所に供給する100MWのプロジェクトを行う予定です」と締めくくりました。

この新しいパートナーシップは、統合された再生可能エネルギーのエコシステムを構築するために、フェートンエナジーというブランドの下でフェートンが進めているものです。この統合された再生可能エネルギー分野で、フェートンは、他のビジネス要素をエネルギープロジェクトに統合することで、プロジェクトの価値と効用を最大化します。様々なビジネス要素のエネルギー需要を評価することで、フェートンとRAWは、様々な再生可能エネルギーを組み合わせた効率的な統合エネルギー源を開発し、既存のビジネスや周辺地域に存在する実現可能なビジネスに電力を供給します。

Join the Phaeton community on telegram: https://t.me/joinchat/bXDLcx5MKYwwNjg9

Check website: phaeton.io

PS: First round is till running! Grab some PHAE now

P2pb2b: https://p2pb2b.io/token-sale/302/

Latoken: https://latoken.com/ieo/PHAE