PEPEが仮想通貨のトップ・パフォーマンスとなった際のPepeの価格予測

Yamada
| 3 min read

PEPE

出典:TradingView

PEPE価格は過去24時間で4.5%上昇し、ミームトークンが0.000000818131ドルまで上昇したのは、仮想通貨市場全体が横ばいの日でした。

本日の相場高騰にもかかわらず、PEPEは1週間で6.5%、過去30日間で28%下落しました。5月初旬に史上最高値の0.00000431ドルに達して以来、80%下落しています。

しかし、このコインはここ数週間売られすぎだったため、買い手が再び関心を示し始めているようで、今後数日でさらに上昇する可能性があります。

PEPEが仮想通貨のトップ・パフォーマンスとなった際のPepeの価格予測


PEPEのチャートと指標は、週末に相対力指数(紫色)が30を下回ったことから、何らかの反発を見せる時期だったことを示唆しています。

Pepeコインのチャート

出典:TradingView

これは、このコインの価格が8月中旬以降、30日移動平均線(黄色)を大幅に下回っているという事実と同様に、このコインがかなり長い間売られすぎていたことを示しています。

言い換えれば、PEPEは直近の水準に比べて低価格で売られており、これは(理論的には)買い手にとってより魅力的になるはずです。

このコインが24時間で約4.5%急騰したことを考えると、これは実際にそのようです。

また、ここ数日、非常に安く売られていることに乗じて、一気に集め始めたクジラもいたことも指摘しておきます。

上記の取引は今から数日前に行われたもので、大口投資家による最近の購入の兆候は見られないが、今日のコインの急上昇は、他のトレーダーも今このトークンを蓄積していることを示唆しています。

そのため、PEPEは短期的にさらに上昇する可能性が高く、トークンは0.0000010ドルまで上昇した後、再び力尽きる可能性があります。

PEPEはミームトークンであり、実際の実用性や価値は何もないため、現在の短期的な上昇が一段落すると、再び大きく下落する可能性が高いです。

そのため、個人トレーダーや投資家は、エントリーやエグジットのタイミングに細心の注意を払う必要があります。

さらなる可能性を秘めた新しいミームトークン


PEPEを取り巻く固有のリスクと、クジラの遊び道具のようになっていることを考えると、トレーダーによっては、潜在的な利益を得るために、他のミームトークンにも興味があるかもしれません。

今年、市場は新しいコインで溢れかえっていますが、いくつかのコインは他のコインよりも間違いなく優れており、特定のプレセールトークンは、プラットフォームに上場した後、大幅な上昇が期待できます。

その好例が、1ヶ月前にプレセールを開始して以来、120万ドル強を調達した新しいERC-20ミームトークンのSonik Coin(SONIK)です。

SONIKのプレセールが終了するまであと1日しかありません。投資家たちは、人気のあるソニック・ザ・ヘッジホッグ・フランチャイズに関連するミームに興味を持っています。

このトークンは、最大供給量299,792,458,000(mm/sの光速)であり、また、数週間後に取引所に上場する際には、できるだけ早く時価総額1億ドルを達成することを目指しています。

全体の供給量の50%がプレセールに割り当てられ、さらに40%がステーキング報酬に割り当てられています。

SONIKをステークして受動的収入を得ることができることも、プレセールが好調で、コインが着実にフォロワーのコミュニティを集めている主な理由です。

あと1日しかありませんが、新規投資家は公式ウェブサイトからセールに参加できます。

1SONIKの価格は0.00014ドルですが、取引プラットフォームにコインが追加された後、この価格がどこまで上昇するかは分からないです。

Sonikはこちら

免責事項:仮想通貨はリスクの高い資産クラスです。本記事は情報提供を目的としたものであり、投資アドバイスではありません。資本を失う可能性があることに注意しましょう。