7.5億ドルの取引量に入ったPepeコインの価格予想

Yamada
| 3 min read

pepeコイン価格チャート

Pepeコインの価格は過去24時間で13.5%下落し、0.00000227ドルへの下落は、金曜日に0.00000431ドルの史上最高値を記録して以来、47%の急落を意味します。

この下落にもかかわらず、PEPEは過去1週間で200%以上、過去2週間で600%以上の上昇を続けており、CoinGeckoが記録した最低価格と比較しても、4000%以上の上昇を記録しています。

24時間の取引量は7億5000万ドルと、数日前に比べて大幅に増加しており、トップ100の中で今最もホットなコインとなっています。

このような流動性を考えると、PEPEは今後さらに上昇する可能性があり、多くのクジラがまだ大きなポジションを確保していることになります。

7.5億ドルの取引量に入ったPepeコインの価格予想


PEPEのチャートは、現在の下落の終わりに到達するのが近いことを示唆しており、相対力指数(紫)はここ数時間で30を下回り、売られ過ぎになっていることを示しています。

pepeコイン価格チャート

出典:TradingView

同様に、短期移動平均線(黄色)は長期平均線(青色)を下回ろうとしており、下回った場合、市場は回復に転じることが期待できます。

一方、PEPEのサポートレベルは土曜日から低下しており、再び上昇を始めるまでには、まだいくつかの下落がある可能性を示唆しています。

純粋なミーム性はさておき、PEPEがここ数日好調だった理由の1つは、BinanceやOKXを含む多くの大手取引所への上場を果たしたことです。

OKXは、PEPE全体の供給量の4%を仕入れたようで、このような出品は、ミームコインの流動性を大いに高め、24時間の取引量は、先週の今頃の3億ドル強から7億5千万ドルに増加したそうです。

そして、PEPEの価格はかなり下がっているが、多くのクジラがまだ大きなポジションにいるという事実は、少なくともこれらのクジラが売却することができるように、再び上昇することを示唆しています。

PEPEの創設者やチームについて何も分かっていないと過去に指摘しましたが、このミームトークンはすでに強い支持者とコミュニティを形成しており、大きなラグプルの可能性は低くなっています。

実際、時価総額で50位の仮想通貨となり、5日前の98位4月28日の263位から上昇しました。

また、保有者は107,000人強で、いかに早く「新しいDogecoin」となったかを示しています。

この勢いを考えると、0.00000219ドルから、0.000003ドル、0.000004ドル、さらにその上を目指すというのも非現実的ではありません。

長期的には、市場の回復とコインの支持者の増加によって持続的な成長が可能になりますが、最近の成功を見れば、その可能性がないとは言い切れません。

仮想通貨を購入する

ミームトークンのシーズン?


基本的にShiba InuやDogecoinの方式を取り入れ、それをかなり増幅させた類似のミームトークンの波が押し寄せている中で、PEPEが登場しました。

また、5月4日にUniswapに直接上場して以来、5,000%を大きく超える上昇を見せたERC-20の新仮想通貨SpongeBob(SPONGE)もその一つです。

CoinMarketCapによると、過去24時間で63%上昇しており、その勢いが続いていることを示唆する上昇率となっています。

SPONGEが特に期待されているのは、PEPEとは対照的に、まだ主要取引所に上場していないことです。

つまり、最大の上昇の可能性はまだ先であり、「後発組」は次の上昇に参加するチャンスがあるのです。

PEPEと同様、SPONGEのチームや創設者についてはほとんど何も知られていませんが、市場はすでにこのトークンに注目しており、最終的にはこのトークンにファンコミュニティができるでしょう。

すでに8,700人(数日前の1,400人から増加)が保有していることから、急速に成長し始めており、PEPEが次のトレンドのミームトークンとなる可能性があります。

また、トークンの最大供給量は404億SPONGE(PEPEの420兆より明らかに少ない)であり、大きな需要が発生すれば、価格は容易に上昇する可能性があります。

SpongeBobを購入する