ペンシルベニア州下院議員、エネルギー規制法案から暗号通貨マイニング禁止を削除へ

Yamada
| 2 min read

adobestock-photocreo-bedn

画像引用先:AdobeStock/Photocreo Bednarek

ペンシルベニア州下院議員が、セクターのエネルギー消費を規制することを目的とした法案から、暗号通貨マイニングに対して提案されていた2年間の禁止措置を撤回することを決定しました。

月曜日の提出によれば、ペンシルベニア州下院環境資源およびエネルギー委員会は、賛成13票、反対12票という僅差で「暗号通貨エネルギー保存法」を承認。

この法案は、6月21日に委員会に導入されて以来、停滞していました。この動きは、暗号通貨マイニング業界にとって重要な意味を持っており、特にエネルギー消費と環境への影響に関する懸念が高まっている中で、州がこの新しい技術に対応しようとする取り組みの一環です。

民主党指導部からの圧力、解任を促す


民主党のGreg Vitali氏は、The Pennsylvania Capital-Starに対し、党首からの圧力を受けて法案からモラトリアムを削除するよう求められたと述べました。Vitali氏は、この影響を建設労働組合に帰し、彼らが環境政策に一貫して反対し、民主党の同僚に大きな影響を与えていると指摘。

“正直に言って、[労働組合は]下院民主党員の耳に入っており、本来は環境政策を支持するはずのメンバーを引きはがす能力があります。”

組合に逆らうことは、ペンシルベニア州下院の民主党多数派を危険にさらすことになると懸念を表明し、彼はモラトリアムなしで法案を通過させる決定を下しました。

Vitali氏は、強力な環境政策が限られた支持に直面していることを認識しており、多数派の議長としての最初の6ヶ月間でこれを学んだと述べました。

彼は失望を表明しながらも、禁止措置なしで法案を通過させることは、全く通過させないよりも良いと主張。

提案されていた2年間の禁止措置は、暗号通貨マイニング施設の新規および更新許可の承認を停止させるものでした。

代わりに、改訂された法案では、マイナーの運用に関する影響調査を要求し、新たな報告要件を課すこととなりました。

州内のマイナーは、マイニングサイトの数と規模、エネルギー源、排出報告、およびエネルギーと水の消費に関する情報を6ヶ月以内に提出する必要があります。

ペンシルベニア州に拠点を置く暗号通貨マイナーは、これらの報告を毎年提出する義務があり、州に新たに参入するマイナーは、運営を開始する前にこれを行わなければなりません。

暗号通貨マイナーは代替エネルギー源を求めている


暗号通貨マイナーがコストを削減するために積極的に代替エネルギー源を求めている中、禁止措置を撤回する動きが生じています。

特筆すべきは、暗号通貨マイニング会社のStronghold Digital Mining社がペンシルベニア州で事業を確立し、廃棄物を利用して数百のビットコインマイニングリグに電力を供給する目的で、2つの石炭焚き発電所を購入したことです。

同社は以前、エネルギー需要の最大15%を賄うために、裁断タイヤを燃焼させることを承認申請していましたが、この提案は地元の環境団体から強い反対に遭いました。

さらに、別のビットコインマイニング会社であるTeraWulf社は、ペンシルベニア州で原子力を利用したサイトを運営しています。

報告されているように、代替エネルギー源へのシフトは、持続可能な成功を目指すマイナーの間で長期的な傾向のようです。