PayPal、英国FCAから英国国民への暗号サービス提供の承認を受ける

Yamada
| 1 min read

 

 

決済大手のPayPal社が、英国の金融行動監視機構(FCA)から暗号資産の登録を確保した最新のケースとなりました。

FCAの暗号資産登録簿の最新情報によれば、規制当局は10月31日にPayPal UKに登録を発行しました。この登録によって、同社は英国がデジタル資産セクターに対する規制環境を厳格化する中で、英国で暗号サービスを提供することができるようになります。

この登録承認は、PayPal UKが英国の顧客に対して暗号資産の購入を一時的に停止した数ヶ月後に行われました。なお、この措置は、FCAが制定した最新の暗号資産マーケティングに関する新しいルールにPayPalが準拠するためのものです。

当時、PayPal社は暗号資産の販売が2024年初頭に再開されること、そしてユーザー資産は安全であることを確認しました。

英国の規制当局は、2023年にこれまでに4つの暗号サービス提供者の登録を承認しています。それにはPayPal社、Komainu社、Bitstamp社、そしてInteractive Brokers社が含まれています。そして、2020年8月以降にFCAに登録した暗号資産企業は合計で43社に上ります。

FCAの改訂されたガイドライン


英国の監視機関はガイドラインを改訂し、顧客の仮想通貨購入を促進する前に仮想通貨事業体に追加の基準と前提条件を義務付けました

この規則により、仮想通貨のマーケティングとプロモーションも規制当局の権限に組み込まれます。また、このマーケティング規則は、仮想通貨の所有権が大幅に増加していることが明らかになった監視機関の調査を受けて発効されました。

PayPal社は、仮想通貨市場に適用される規則や規制を遵守するために、規制当局と一貫して緊密に連携してきました。 最近、同社はPayPal USD (PYUSD) ステーブルコインを発表し、続いてプラットフォーム上に専用の暗号通貨ハブを開設しています。